テスト撮影

2013年9月29日 (日)

コーワ プロミナーレンズ試写

ベランダで、コーワのプロミナー 350mmF4+6D改で試写しましたので公開します。

_mg_0579

拡大画像は以下URLから。

http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/kowa3000pix.jpg


かなりシャープな星像でした。
これは期待出来ます。


PSの粗調整でε180EDと位置あわせをした際の比較画像はこちら。
(GIFアニメーションなので、カラーノイズ等は参考外です)

180edkowahikaku

コーワが甘く見えるのは、εのLの解像度に合わせるために画像を拡大補完しているせいもあります。


簡易的に重ねてみて思ったこと2点

① 星の位置あわせは、きっちりCCDstackなどで行えば案外そこそこ合いそう。
  (まぁ、もともと星の色はε180EDから取得するので、厳密に合わせる気はないのですが)

② 350mmの2000万画素と500mmの2900万画素では拡大率が異なるため、カラーノイズ含めピクセルを拡大補完して
Lとマッチングさせる必要有り。
冷却の2倍ビニングも同じような考えなので、そこまで心配することないでしょうが、カラーノイズは後がけではなくて初期段階で、
つまりリサンプリングしていない状態で潰しておく方が良いような印象を受けた。

いやー、それにしてもこのレンズはなかなか性能が高いですね。
自分の経験では、これほど高性能な望遠系カメラレンズを使ったことがありません。
シグマの150mmなどの望遠レンズ等をはるかにしのぐ性能です、素晴らしい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)