天体機材

2017年2月13日 (月)

私の天体望遠鏡はコレ!タカハシ ε-180ED(My telescope)

あらためて私の天体望遠鏡のご紹介動画を収録しましたのでシェアさせて頂きます。

私の天体望遠鏡はコレ!タカハシ ε-180ED(My telescope)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年11月25日 (水)

EF300mmF2.8L IS Ⅱ USM をお借りました

ルーノスケさんに現行型(最新型)のサンニッパをお借りました。
EF300mmF2.8LISⅡUSMです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年5月 5日 (火)

「超絶!」APO SONNAR 135mm F2 実写レビュー

「超絶!」APO SONNAR 135mm F2 実写レビューです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月13日 (金)

EF11-24mm F4L USM F値による星の写り検証

EF11-24mm F4L USM F値変動による星の写りや周辺減光の違いを検証してみました。
F4でもシャープですが、天の川のような明るい対象なら周辺減光の兼ね合いも考慮し、F5常用がいいかもしれません。
ピクセル等倍のデータを以下に貼ります。

ピクセル等倍画像

以下が解説動画です。(1080pでご覧下さい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年3月10日 (火)

<レンズ対決!>EF11-24mm F4L USM vs EF16-35mm F4L IS USM

レンズ対決、EF11-24mm F4L USM vs EF16-35mm F4L IS USM です。
いずれかのレンズに興味ある方には必見です。
今回は木村さんのレンズをお借りして、ハートピア安八で比較テストしました。
1080p高画質で見ないと違いが分からないと思います。
ぜひご覧ください。
結果として、
⬛︎11-24mm F4L USM
<良>中心・周辺問わず、像面がフラットで全面シャープ
<良>フレア・ゴーストがなく、逆光に強い
<悪>16-35mmに比べると、若干倍率色収差がある
⬛︎16-35mm F4L IS USM
<良>倍率色収差が少ない
<悪>中心でピント合わせると周辺が甘くなる。周辺で合わせると中心が甘くなる。
   つまり、像面湾曲がある。中心と周辺の中間でシビアなピント合わせ必要。
<悪>ライトを直接構図に入れると、シーンによってはフレア・ゴーストが出やすい
2対1で11-24mm F4L USMが有利という結果になりました。
ただし、コスパという観点では16-35mm F4L IS USM (F2.8ではありません)
はかなりおすすめです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月28日 (土)

CANON EF11-24mm F4L USM 開封レビューと実写画像公開

キヤノンから新発売となったEF11-24mm F4L USM が到着しましたので、開封そして実写画像を公開します。






動画中にあるサンプルを以下に貼っておきます。(期間限定)

http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/kousaten11mmf4.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/kousaten24mmf4.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/kaidan11mmf56.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/object11mmf4.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/object24mmf4.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/michigan.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/hamaootsu11mmf56.jpg
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/hamaootsu24mmf56.jpg


あと、星の写真も追加しました。
ベランダで三脚固定でF5で2秒ISO3200です。近所が丸分かりの11mmですので、地上はモザイクかけてます。

まずは中央付近の星
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/2s-f5-iso3200.jpg

次にシリウスのフルサイズ最周辺(右上です)
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/conerbrightstar2s-f5-iso3200.jpg

開放F4との差は、この状況では分かりませんでした。
参考になればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月25日 (水)

フラットジェネレーター372㎜版が間もなく発表

フラットジェネレーター372㎜版が間もなく発表されるらしいです。

少し以前に、星見屋 さんで取り扱いされているフラットジェネレーターという画期的な
フラットパネルを動画 でご紹介させて頂きました。
そのときはε-180EDにわずか径が届かず実使用に至らなかったのですが、この度
さらに大口径の372mm版が出るとのことです。

星見屋の南口さんが何度か販売元に連絡して下さっていたらしいです。
ここ最近、EF11-22mm F4という超高額なレンズを購入してしまったため、これを入手
することはさすがに現状厳しい状況ですが、いつかは試してみたいアイテムだと思います。

気になる方は、以下商品説明動画もしくは星見屋 さんでご確認されてみてはいかが
でしょうか。ドーム据付の大口径にとっておきのパネルを・・・とお考えの方は、おすすめ
かもしれません。LEDという点がイイですね。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月12日 (木)

ε-130D Review13

ε130Dレビュー第13弾、もはや1年越しのロングシリーズとなりました。







ちなみに、このシリーズの第1回目はちょうど一年前の2014年2月4日公開です。

以下が記念すべき初回のレビュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月 6日 (金)

イプシロン180EDの再メッキやりました

イプシロン180EDの主鏡再メッキやってもらいました。
ジオマテックさんで価格は3万5千円程度、増反射コートタイプです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月21日 (水)

K-ASTECレボルビング装置のご紹介

K-ASTECのレボルビング装置、いいですねー。

既に使われている方多数ですが、あらためてここで動画紹介したいと思います。

僕の中では既に、マストアイテム。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧