画像処理

2015年5月 9日 (土)

新星景入門DVDの補助解説動画(フラットダークの必要性)

新星景写真入門DVDですが発表以降、非常に多くの反響を頂いています。
その中で、画像処理関連の補足として以下の「フラットダーク」の必要性や実際について
のご質問をいくつか頂きましたので、動画で解説致しました。(理論と実践の2動画)
こちらをご覧頂いて理解の助けとして頂ければ幸いです。

① 【解説】フラットダークの必要性


②【解説】フラットダークの必要性その2(実践編)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

天体画像処理オフ会 事前に知っておきたい処理紹介

みなさんこんにちは。
以前オフ会に向けて画像処理予習動画をと約束しましたが、遅ればせながら本日ようやく紹介させて頂きます。以下の動画で必要と思われる内容を事前に見て頂ければ、より理解が深まると思います。










<レイヤー効果補足解説>
http://ml29050.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/post-d468.html






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

木曽天文台 天体画像処理担当第2弾 アンドロメダ大星雲(M31) ポスターが届きました

このたび、木曽天文台による天体写真の画像処理を再度担当することになりました。
今回はアンドロメダ大星雲 M31です。
処理はすでに完了し、その完成ポスターが届いたので、簡単にお披露目させて頂きます。


高画質 1080pでご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月18日 (月)

天体画像処理ライブ 編集中の映像公開

2014年8月15日に関ヶ原で行われた、「天才近江商人を囲む 画像処理オフ会」における、私の実演パートを映像編集しています。 以下が、その作成途中映像です。

(1080p高画質でご覧下さい)





3対象の天体画像処理風景を、カメラ3視点・画面キャプチャ1点で表現していますので、臨場感のある映像が楽しめます。
また、テキストをふんだんに取り入れ、「見て読んで追試しながら、必ず身になる」コンテンツを目指してます。

まだまだ編集途中ですが、完成をご期待下さい!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2014年8月16日 (土)

『天才近江商人を囲む天体画像処理オフ会』 大盛況にて終了!

天才オフ会、無事終了しました。
ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました。

当日は到着の1時間以上前からすでに何名もいらっしゃって、多くの方々に私の機材運搬等の手助けを頂きました。
申し訳なさと感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました。

いやー。
それにしても、すごかったです。

参加総人数27名、写真をご覧の通り、ただならぬ熱気とオーラに満たされたオフ会でした。

_mg_2679_2


そして、たぶん大半のお目当てである近江商人さん。
わずか1年半程度で美しい作品を安定量産する氏の手法を、何とか掴み取ろうというわけですね。上達の近道というものを、惜しげもなく開示頂きました。

Dsc_3316_6
<囲まれる天才近江商人©>


三脚の数、すごいでしょ(笑)

これ、みんな近江商人さんの講演に向けられていたのです。

近江商人さんが今回行った講演は、デジカメ初心者の方にとってもハイアマにとっても、なかなか得られることの出来ない情報満載でした。
しかもヤラセ無しぶっつけ本番レベルのリアリティに溢れていました。
例えば、RGBレベル調整のパラメーターに相当な時間を費やして頭を抱え込んでいる様子を見て、一種の親近感を覚えた方もいらっしゃるのかなと。
皆さんこう感じたのではないでしょうか・・・。
『天才でも、(処理に)迷うことがあるんだ・・・』と。

そんな皆の注目とは裏腹に、ご本人は何とまぁ緊張感の抜けた脱力トーク(笑)
横にいる僕が心配になってくるぐらい、「あーくそ、オラっ!」とMPB相手にすっかり自宅でまったりモードでした。
いや、画像処理の実際を見せるには、むしろこういう着飾りのない処理の姿こそ現実なのでしょう。

サドル付近をCCDstackのFitsレベルからPS完成に至るまで1時間15分、そして洞窟星雲をステライメージよりPS完成まで45分。多くの方の歓声と共に終了しました。

_mg_2695

今回は実演ライブということで、近江商人さんが完成したサドル付近を即、PRO-1プリンターで出力し大勢の方々に見てもらいました。
いや、これを皆が見守るプレッシャーの中で仕上げるとは。上の写真では伝わらないですが、柔らかなトーンに強く豊かな色彩を感じる素材重視の素敵なプリントでしたよ。
やっぱりスゴいね。天才だか何だか知らないけど、センスの良さがプリントにしっかり反映されていました。




そして、僕の講演です。
近江商人さんで1部完了し、すでに皆さんお疲れでダレてきてしまったかもしれません。


Dsc_3352
<EIZO CG211をメインモニターに座る私>自録り用のAX100を確認しています。


Dsc_3362
<実演中の私>

私の頭とは裏腹に、講演自体はかなり濃厚だったらしいです(笑)
濃い講義、そして操作が速すぎてよく分からなかったとのこと。
けど、正直言うとそれは予想の範疇だったのです。
英会話に例えるなら、今まで私は文法の論理的な講釈ばかりを各所でやってきました。
けど、いくら断片的な文法ばかりを講演しても、なかなか実際の英会話で使えない。

しかし今回は、まずはそういった英会話のシャワーを浴びてもらい、素材が完成する一連を見てもらいました。
そして、モヤモヤとしたフローを掴んでもらった上でその後詳細・・・というステップにいたるための実演会という位置づけに今回徹しています。
明瞭で分かりやすい処理方法などの期待を持たれていた方、申し訳ありません。必ず、最終結果を生み出しますので、もうしばらくお待ち下さいね。
前例のない最強の画像処理ビデオを販売予定です。

せっかく色評価台も持参したので、私やその他参加された方々のプリントを展示するスペースも設けました。

Dsc_3315

オクで売っぱらおうと思っていた12万円もした調光機能付き色評価台ですが、こういう用途があるなら、手放せませんなぁ。

Dsc_3357

<サドル付近を見比べる東京の方々>

いやー、シブい。
都会で住んでいるヒトって、あこがれるんだよなぁ。
ブログ見ててもそう。
何というか、うーん。うまく言えないんだけど。
ボキャブラリー豊富な方だと、「あぁそれはこう言うんだよ」っていえるのでしょうが。
僕はそのモヤモヤした感覚を、言葉ひとことで何というのか分かりません。

東京の方々は何かこう、メディアやらの中心で、僕みたいな滋賀庶民と違って、きっとドラマとか映画で出てくるような本格的でハードボイルドっぽいドラマチックな
ライフスタイルなんじゃないかと。
昨夜の僕みたいにローソンで、「からあげ君の赤いの下さい」なんて、そんな庶民じみたオーダーはしたことのない類の方々だと思う。
過去に世田谷の八幡山に住んでいたことがありながらも、その思いが強いということは、きっと僕の中で確信なんでしょう。


_mg_2696

てなわけで、僕の講演は終了。
全部で3対象仕上げました。(各平均18分)
アンタレス付近とオリオン星雲とアンドロメダ銀河です。

最後に、全員1人ずつ自己紹介をします。
本当は最初にやるべきなのですが、タイムスケジュールが読めなかったので・・・。
前日買った100均の名札を首にかけてもらい、休憩時の交流手助けにしました。


そして、17時に終了。
後片付けでは多くの方々に手助け頂いたことと、あと、多くの方に嬉しいおみやげを頂きました。ありがとうございます、先程も子供たちと一緒に頂いてました。


で、食事会。
ちょっと和風レトロな「洋食レストラン」へ。

_dsc2675


_dsc2676


_dsc2677

27名中、何と21名も食事会に参加されたようです。
皆さん、やはり交流を楽しみにされていたのですね~。
多くの方々とお話しましたが、その中でもジェイムスさん龍之介さんの2コンビのパワーに圧倒されました。
天体写真メインの話題だと、いつもは自分が会話の主導権にぎってたりするのですが、完全に食われてました。Skype公開トークとかしたら、絶対にヤラれますね(笑)


というわけで、大変充実したオフ会だったと思うのですがいかがだったでしょうか?
こういった実演形式の処理オフ会を、今後も他方面で企画したいと考えていますので、お近くの方は是非参加されて下さいね!

実演の内容自体は濃いですが、交流はさわやかで楽しいものですよ。
まずは、ご報告でした。

(久々のブロガー文体となってしまった・・・笑)

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2014年8月10日 (日)

天才オフ会 準備着々と・・・

あれからまた参加者が増え、現在未確定者数名含めると20名近くに達しました。
まだまだ募集していますので、気軽に声かけてください。

本日は、実演画像処理の素材集めをやっていました。
まだ完備していませんが、こんな感じです。

1_3


実演の持ち時間の中で、どれだけこなせるか分かりませんが、一応

① M31・・・輝度差の圧縮や色彩強調方法、細部の腕の見せ方等がテーマ
② NGC1333・・・淡い対象の新たな強調方法、かぶり取りの実際等がテーマ
③ NGC7000・・・星雲に透明感・立体感を与えるための処理のコツ等がテーマ
④ オリオン座・・・カメラレンズ広角特有のカブリやフラットミスの多い素材を、いかにゴリゴリとリカバリーしてるのか
⑤ アンタレス付近・・・淡くてカラフルな素材の持ち味を、どのようにしてMAXに引き出すのか
⑥ 洞窟星雲・・・④同様、泥沼的な処理をあえて公開

あ、オリオン大星雲を入れるの忘れてた!
あれは、多段階露光の処理やカラーバランスのさじ加減を語る上では必要な素材かもしれません。

終始実演だけでもアレなので、パワーポイントでまとめ資料も作成中です。
(「普段あまり語られない画像処理Tips」、と仮称)

あと、考えているのはPRO-1を持参し、これら上記素材が処理完了するごとにプリントしたらどうかと。
以下のようなカラマネ専用の色評価台を持参すれば、プロジェクターの暗室でも出力結果を見てもらうことが可能です。

Iromidai

処理実演中は、なるべく皆さんに自由にしてもらうのがいいのかなと思っています。
たとえば僕の処理中は近江商人さんの解説を入れながら、僕は黙々と処理。

聞き入りたい方は聞いたり見たりムービー記録すれば良し、休憩で離席されたい方は、
室外で天文談義で交流を深めれば良し。
決して技術を押し売りしたり・授業のような時間拘束感を与えることなく、自由にやってもらうのが一番かなと思っています。


ただし、実演者は処理に没入していると思います(笑)
そこはご了承下さい。
処理に失敗したら、それはそれでプリントしても反省材料になりますしね。
僕のセクションはどちらかというとマニア向けですが、近江商人さんのセクションはマニアはもちろん、
初心者にも分かりやすいフローを解説頂くようお願いしています。


とまぁ、今のところ、そんな感じです。
参加に迷われている方の未確定メールでも歓迎しますので、気軽に連絡下さいね。


あと、参加者の方々にお願いですが、何か処理素材等ありましたら、天文以外も問わず、
ご持参頂ければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年8月 8日 (金)

「天体画像処理オフ会」 開催決定!

ついに天体画像処理オフ会の開催場所と日時が決定しました!

Tensaioff2_3

■開催日時:2014年8月15日 13:00~17:00
■開催場所:岐阜県不破郡関ヶ原町 関ヶ原ふれあいセンター
■参加費:無料
■開催内容:プロジェクター使用による天体画像処理の講演・実演、処理仲間との交流等
■講演予定者:近江商人さん・よっちゃん(私)・その他希望者あれば・・・
■講演予定内容:
 近江商人さん・・・おもにデジカメによる天体画像処理方法(詳細は週末猛作成とのこと)
 よっちゃん(私) ・・・普段ブログで公開しない類の処理手法をよせ集めて講演予定

・初心者歓迎、 中・上級者歓迎。 ひやかし参加や通りすがり風参加も大丈夫です。
・時間拘束はありませんので、途中参加・途中離席・退席OK。
・会場収容キャパ40名
・終了後、自由参加で食事を企画(ファミレス程度の食事代はご持参下さい)
・注目機材等のお披露目あれば、ご持参下さい。プリントも歓迎。

参加人数等の事前把握をしたいので、参加希望者は以下のメールアドレスもしくは
この記事のコメント欄に記載願います。HNでも可です。
まずは、「参加希望」とだけコメント頂ければ結構です。

yyamanak2002@yahoo.co.jp


その他、追記あれば別途記載します。
それでは、どうぞ宜しくお願いします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年8月 6日 (水)

天才近江商人©を囲む天体画像処理オフ会

Tensaioff

もうすぐお盆休みですね。

さて、このたび近江商人さんと上記の催しを企画しています。

滋賀・岐阜・愛知で実施場所を探していますが、決定し次第また連絡しますね。

近江商人さんには、画像処理フローをじっくり解説頂く予定です。

参加されたい方は、是非この機会にどうぞ。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2014年8月 5日 (火)

Web用の画像処理

Web掲載用の天体写真で気をつけている画像処理に関して、トークしています。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年7月 7日 (月)

sigma 18-35mm F1.8 で天の川を撮ってみた。

画像処理ネタ&レンズレビューです。

ずっと以前、あららぎ高原に近江商人さんらと集合した際に撮影した画像です。
Sigma 18-35mm F1.8を使っていますので、是非ご覧下さい。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧