« 天体画像処理オフ会DVD(関ヶ原・東京)の廉価版リリース | トップページ | 【写真家 木村氏による】 新星景写真 新作紹介 »

2015年5月16日 (土)

週末ロングトーク150516

週末ロングトーク150516

00:00〜 バックフォーカスの同焦点調整について
35:32〜 「クワガタ理論」について

|

« 天体画像処理オフ会DVD(関ヶ原・東京)の廉価版リリース | トップページ | 【写真家 木村氏による】 新星景写真 新作紹介 »

天文トーク」カテゴリの記事

コメント

中身の詰まった、充実したトークでしたね(笑)。
聞きごたえ満点でした。
ふわっと僕を意識したトークが出てきて、うけました(笑)
2人トーク、やっぱいいなぁ。

投稿: 星太朗 | 2015年5月18日 (月) 14時00分

星さん、ありがとうございます。
星さんを意識した話題、ありましたよね笑
今日それがどのあたりだったか探してましたが、わかりませんでした。
また後で探してみますね。

投稿: よっちゃん | 2015年5月18日 (月) 18時18分

デジカメと冷却CCDの同焦点ナントカについて質問です。
僕の場合ですと、コマコレクターとカメラが一体化してドローチューブに入っていて、
フォーカス調整のときはどっちも同時に動くものです。
ちょっとくらいコマコレとカメラの距離が動いてもピントは出るのですが、
こういう場合はここで言及されている方法は当てはまらないんでしょうか?

投稿: ミッチー | 2015年5月18日 (月) 21時49分

ミッチーさん、コメントありがとうございます。
カメラとコマコレが一体になっていて距離が変わらないのであれば、僕らのイプシロンと同様ですね。
この場合、おそらくですがバックフォーカスが決まっていてそこにフィルターやウィンドウなどの厚み分を(1/3)加味して加える形になると思います。
ただ、机上でパーツ構成してもデジカメと付け替えた場合に案外ズレていたりしますので、そこは別途調整がいるのでしょうね。

投稿: よっちゃん | 2015年5月19日 (火) 22時17分

デジカメと冷却CCD、これまで使った2機種とも同じ焦点になっていませんでしたが、良く分かりました、謎が解けました。何とかしなければ。
もう1つの謎、撮像のコマ毎に少しながら移動する理由がわかりました。MaXimは画像ダウンロード中にガイドを止めていることが判明しました。そのほうがダウンロードの成功率が高いようでした。ありがとうございました。

投稿: Hirochang | 2015年5月20日 (水) 18時09分

Hirochangさん、ありがとうございます。
なるほど。そういう問題があったのですね、というかこれはMaximDL使っている方共通っぽいですね。
仮にフレーム間でガイドがストップしたとして、次のショットが開始したらまたガイド星は原点に戻るのであれば星は結果としてコマ間移動しないのではないでしょうか。
この辺り何か掴んでおられたら情報共有ください。よろしくお願いします(^^

投稿: よっちゃん | 2015年5月20日 (水) 23時36分

いろいろと教えられるところがあり、色々と、ありがたがっています。確かに、ガイドの原点が維持されていればコマは動かないはずですね。ちょうど雲が来た時、ガイド信号が止まっているように。どうなっているのでしょうか、ダウンロード中の動きをどう処理しているのでしょうか。初心者の私にはなかなか分かりません。この結論が正しいかどうかも確信は持てませんが、全体がずり落ちているとは考えないで、静観することにしました。

投稿: Hirochang | 2015年5月21日 (木) 17時49分

Hirochangさん、私もこの問題については以前からよく聞いていて謎なんですよね。
何かわかったら、逆に教えて下さい(^^

投稿: よっちゃん | 2015年5月25日 (月) 23時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/60018244

この記事へのトラックバック一覧です: 週末ロングトーク150516:

« 天体画像処理オフ会DVD(関ヶ原・東京)の廉価版リリース | トップページ | 【写真家 木村氏による】 新星景写真 新作紹介 »