« 週末ロングトーク0110 | トップページ | 二値マスク合成星景写真 技術解説 »

2015年1月12日 (月)

二値マスク合成による新星景写真

星景写真の新たなジャンルとして、皆さんに提唱したい手法を公開します。
名前は仮称ですが、難しいネーミングとしては「二値マスク合成による星景写真」です。

従来の星景写真と何が違うかと言うと、

① 星も景色も流れない
② 追尾撮影により星雲が従来より、もっとはっきり美しく描写出来る

検証テストで昨夜、新たに調達した新レンズを持ってみつえ高原牧場へ行ってきました。
その結果が、以下です。月光下でのテストとなりました。

Ts24mmtest5


2015年1月10日(土曜日)22:00~ 御杖高原牧場

CANON TS-E 24mm F3.5LⅡ (絞り開放)、CANON EOS-6D(SEO-SP4改造)
Vixen GP2赤道儀(ノータッチ電動追尾)、K-ASTEC レボルビング装置(RR-110)
ISO1600 90秒×15枚(内1枚は追尾なし) 合計22分30秒

さて、この星・景色の両止め撮影ですが、撮影方法と処理方法に特徴があります。
以下に説明したいと思います。

【撮影方法】

① 固定景色・星追尾、ともに赤道儀を使用する
② 後述の二値化処理が可能な景色が前提条件
③ 固定景色撮影は、レボルビング装置や自由運台などのカメラ回転器具を利用し、赤道
  儀の向きと合わせて地上が水平になるようにフレーミングする。(カメラ内の水準器を使
  うと便利)
④ 撮影は固定景色からでも星追尾からでもいいが、今回の場合は星追尾から開始し、
  撮影が終了後、カメラの水準器が水平になるように赤経を戻してから追尾をOFFにして
   景色撮影開始。理想は固定構図前後30分なり1時間を東西分割して星追尾撮影する
  と処理が楽。

【処理方法】

① シーンによるが写真に写る明るさとして、地上景色(たとえば稜線)は夜空よりも暗い。
    この特徴を利用して、地上と夜空の境界線をレベル補正で明暗白黒の二値化し、
    マスクを作成する。このマスクを元に固定景色と星空を合成します。
② 星追尾画像の各フレームをスタックすると、景色が流れてぼやけて写る。これを先述
    の固定地上景色と合成するとぼやけた景色がはみ出すことになる。これを回避する
    ために、各フレームを比較(明)合成をした素材を別途用意する。これによって、地上
    と星空は理屈上ではブラシワークなどをせずに再現性ある手法で合成することが可
    能となります。

簡単には以上となります。
この手法をきっちりと体系化して、今後星景写真の新たなジャンルとして確立させたく
思っています。従来にも地上景色と星空を合成する例は(僕も含めて)ありましたが、
再現性の高い手法は存在しませんでした。

昨年の夏に、この着想を得てから約5ヶ月。
ようやく、テストにまでこぎつけました。

星も景色も流れず、なおかつ星雲はなめらかゴージャスに写っている・・・。
この手法はきっと、天体写真入門者の数を今後確実に増やすことでしょう。

今回は月が出てからの撮影となってしまいましたが、次回は闇夜でしっかり露出して
より美しい写真を公開したいと思っています。

以下に上記をトーク解説しています。

|

« 週末ロングトーク0110 | トップページ | 二値マスク合成星景写真 技術解説 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

pig
ふーん・・・。そうやって描出されていたのですか?
賞味期限とロスタイムの短い私には「試行錯誤」とか「トライ&エラー」の時間的余裕はありません。
敷居は高いですがチャレンジしてみます。
それにしてもよっちゃんはノイエスを惜しげもなく披露されますねー。「気前の良さ」に一票。

投稿: 優香 | 2015年1月12日 (月) 15時57分

優香さん、こんにちは。ありがとうございます。
今回はアピールのため月夜のデータを無理やりあぶり出しましたが、もっと暗い空で撮影すればもっと処理は楽かと思います!
ノータッチの可能な小型赤道儀は、安価なものではポタ赤から高価なものではEM100など、色々幅があって楽しめるかと思います。

投稿: よっちゃん | 2015年1月12日 (月) 16時10分

snowよっちゃんさん、はじめまして。2月にこの記事を読み、試してみました。
本当に景色が止まって撮影でき、驚きです。感謝、感謝です。
今年の星景写真撮影が楽しみです。
本当にありがとうございます

投稿: たこ焼き | 2015年2月20日 (金) 05時25分

たこ焼きさん、ありがとうございます。
おお追試されましたか。ブログ拝見したいのですが、どちらでしょうか。
今年は星景写真の年ですねー。Facebookグループも星景投稿がかなり増えました。

投稿: よっちゃん | 2015年2月22日 (日) 23時03分

snow
よっちゃんさん、すみません
ブログはやっていないのです。
発表できるようなレベルには達していないので・・・
よっちゃんさんのWebをみて、画像処理を一からやり直ししている最中です。

投稿: たこ焼き | 2015年2月24日 (火) 05時26分

たこ焼きさん、そうでしたか!近々この分野の勉強会を実施予定です。お近くでしたら、ぜひご検討をー。

投稿: よっちゃん | 2015年2月24日 (火) 19時31分

え?新提案も何も、申し訳ないけど、星景に限らず空と地上をマスク処理とか、比較明合成やってる人ならみんなやってるっしょ。。。

投稿: たいじ | 2015年4月 1日 (水) 13時30分

具体的には、https://500px.com/ とか http://1x.com/ に投稿されてる方々は、もっとクオリティの高い合成をやってますので、どうぞご参考までに

投稿: たいじ | 2015年4月 1日 (水) 13時59分

海外含め500pixのサイトももちろん拝見してますよ。ハイクオリティと仰いますがWebクオリティどまりですよね。再現性のない絵描きでも何でも良いなら500や1000ピクセルの土俵というのは何でもありだと個人的には考えています。
新手法と称する理由ですが、要するに多くの方が再現可能なプロセスであるかどうか、そしてそれを世に広く提唱するかどうかが大事だと思いますよ。いかに自然に繋げたとしても、それが他者の追試を困難とするお絵描きのコラージュであれば手法やジャンル確立としては全く無意味なのです。可能であれば、たいじさんのハイクオリティ作品も手法と共に公開なさって下さい。

投稿: よっちゃん | 2015年4月 1日 (水) 14時14分

あのー、ハイクオリティ作品を撮ってるなんて言いましたっけ?なんで勝手に決めつけるんでしょうか理解に苦しみます。
http://1x.com/やhttps://500px.com/ にあがってる作品がWebクオリティどまりなんですよね?
だとしたら、ぜひぜひ投稿して評価を受けてみてください。余裕の高評価、楽しみにしております(゚▽゚*)

投稿: たいじ | 2015年4月 4日 (土) 02時36分

たいじさん、画像クオリティに関して言えばWeb上でスゴい!と思わせるのは、プリントのトーンやノイズ感を度外視すればそう難しいものではないんですよ。何度も言いますが、パソコンディスプレイ上だけでの誤魔化しで事足りるならもっとエグいローカル処理・HDR処理を行うことはたやすいことです。手法を事細かに分析してご説明しましょうか?
もちろんこれら作品の構図やシャッタータイミングなどの企画力などは及びません、というか門外漢です。
しかし、画像処理つまりどのようにしてこういう処理イメージに持ち込んだか?という事についてはここを見に来られるベテランの方々は当たり前に備えているテクニックですよ。
比較明の星景を取り合いに出されていましたが、こと画像処理に関して言えば直焦点やってる方々の技術スキルとは比べものになりません。もちろん、それが写真という意味で良い悪いというわけではありません。しかし、難易度が圧倒的に違います。
あと私はたいじさんのことは全く知りませんが、少なくとも分かったことは、ご自身が優れた写真を撮ったわけでもないのに、他所の傑作見せつけてどうだこれ凄いだろ、みたいな「他人のふんどしで相撲をとろうとする」人物だということは良く分かりました。某巨大掲示板でご活躍なさったらいかがかと。
たいじさんの僕へあてつけようとされている意図があまりにも見え透いており稚拙なため、書いていて恥ずかしいです。「え?みんなやってるっしょ。。」とか、よく書けますね。痛すぎる。

投稿: よっちゃん | 2015年4月 4日 (土) 11時33分

http://1x.com/やhttps://500px.com/ のことを散々非難しておきながら、投稿するかしないかという回答なしですか。
また、そういう非難は、まずご自身がそこでの高評価を散々受けてから述べることができる類の話だと思いますよ。
それすらもないのに、なぜそこまで言えるのか全く分かりません。
今回もあなたの「稚拙な推察」でこちらの人格や心理を勝手に決めつけておられるようですが、こちらがそういう人物でそういう意図で書き込んだとお話しましたっけ?
あと、某巨大掲示板ってなんですか?

投稿: たいじ | 2015年4月 5日 (日) 01時29分

他人のホームに土足であがりこみ、無防備の私に対しいきなりさんざんそちらの理想を聞かされた挙句、「なぜあなたはここに投稿しないんだ。理由を述べよ。」と言われて人格疑わない方がおかしいですよね。私がそちらに出向き教えを乞う状況であったならともかく。

まあそこを百歩譲って理由を述べると、私はWeb上での「スゴい競争」は興味ないし、そこでの切磋琢磨があるとしたらそれは私の求めるプリント基軸の美の追求に寧ろ悪影響を与えかねません。気づいたらザラザラでトーンズタズタの出力物に嫌気がさした自分が目に浮かびます。だからそういった「スゴい競争」にエントリーしようとはしません。
あれはあれで現代が醸成しつつある写真文化とは思いますが、最終アウトプット先が異なる、理由はそこに尽きます。現在の表示デバイスであるモニターの解像度がより普及的に高まれば私もそういったサイトに投稿するかもしれません。それが実現されていない現状の環境では、投稿側として斜に構えざるを得ません。こんなことは常々仲間内と言い合っている語り草です。
リンクを何度も貼っておられますが、私はそれらを何度も見てきているし、中には海外で度肝を抜くような作例も知ってます。その影響を皆無と言えば嘘になる事も事実です。
その一方で、何故こんな画質の悪いものが高評価を?という作例も実際多いのですよ。こんなところでいかがですかね。

投稿: よっちゃん | 2015年4月 5日 (日) 11時10分

掲示板については、顔見知りでも親しくもない間柄に対し悪意を与えかねない顔文字を平然と貼る事を良しとされる掲示板全般を指します。
ここがあなたにとって見知らぬ個人のブログである事をわきまえて頂きたく、そのように書きました。

投稿: よっちゃん | 2015年4月 5日 (日) 11時16分

人って他人を非難する時は、自分が言われて一番嫌な言葉を言うんですよね。
そういう悉無律思考はやめた方がいいですよ。

投稿: たいじ | 2015年4月 5日 (日) 11時56分

はい。この一件終了。

投稿: よっちゃん | 2015年4月 5日 (日) 12時03分

おっとすみません。悉無律思考と痛いところをついてしまいましたかね。
一度、境界例の症状で医師にかかることをお勧めしますよ。

投稿: たいじ | 2015年4月 5日 (日) 17時30分

はいはい。
捨て台詞で気が済みましたか?
無益でしょうもないコメントの数々、ご苦労様でした。


投稿: よっちゃん | 2015年4月 5日 (日) 17時54分

初めまして すばらしい作品をありがとうございます。
星景写真初級者です。固定撮影では地上の景色は写るけれど、星空はあまり写らない。赤道儀を使ってガイド撮影をすると、星はよく写るけれど景色は流れてしまう。さてどうしたものかと思っていたのですが、こんな方法があったのですね。勉強になりました。
問題は「別ショット画像を合成する事の是非」でしょうか。まったく別な場所/時間の写真を合成するには抵抗がありますが、同一画面構成で連続して撮影したショットの合成なら許容範囲内です。

早速この手法使わせていただきます。ありがとうございました。

投稿: まゆずみ | 2015年4月 7日 (火) 22時36分

まゆずみ様、はじめまして。コメントありがとうございます。
まゆずみ様が仰るとおり、私もいずれかが流れて写ってしまうという問題点を何とか解決したいと思っていました。

>問題は「別ショット画像を合成する事の是非」でしょうか。まったく別な場所/時間の写真を合成するには抵抗がありますが、同一画面構成で連続して撮影したショットの合成なら許容範囲内です。

仰るとおりですよね、本来なら三脚をそばに立てて景色を別撮りすることも可能ではあるのでしょうが、私の場合は「同一赤道儀(三脚)で地上と星空の位置関係も同一再現」を
主眼に取り組んでいます。ある瞬間を超高感度・超ハイダイナミックレンジのカメラで写すとこうなる、というのを理想系としています。
現在のカメラは高感度とは言え、まだまだ淡い天体を滑らかに美しく表現するには人間の工夫を介在させる必要性があると感じたからです。

是非、まゆずみ様もお試し下さい。
そこそこ暗くて外灯などの影響を受けない地で、まずは山の稜線が明確な地形でスタートするのが一番やりやすく思います。
コメントとご訪問ありがとうございました(^^

投稿: よっちゃん | 2015年4月 7日 (火) 22時47分

初めまして『よっちゃん様』私は73歳の爺ーで『はゆたま』と申します。星景写真は始めたばかりの幼稚園生です。星を撮り始めてポタ赤でなるほど星は止まるけど地上がぶれる。
対角魚眼15mmや21mmレンズで30秒だとマー何とか星は流れない、光を集積してハッキリさせれば、地上が。。。。先達写真を拝見しましても地上が流れていても固着はしませんが、人間の目は星も地上も大変クリアー、もう合成しかないとは思ってはいても、画像処理は始めたばかり、多分理論上はこうすれば出来るはずなどと、自分では解決できず、でも『地上も星も流れないのが』私の頭の中では現実そのもの。何とかならないものかなーとぼーっとしておりました。
動画とこの解説。もうもうびっくり。これだこれだ、これが撮影現場での臨場感、私には結構敷居が高いですが、動画を止めて、この解説を印刷し、自分の撮影した画像で是非ぜひトライさせて頂きたいと思います。
だいぶ前に日本のどこかの天文台で、天の川が大変美しく映っており、地上の天文台もピッッタリ止まって、滅茶苦茶クオリティーが高い質感、これを目指したいなーと思っておりました。
何かわくわくして来ました。『よっちゃん』論文(えへへ)の方法は、どなたがトライしても再現性がある、つまり現場の臨場感を描きだせるほうほうです。私はこの方法で多くの方が試しWEB上でも写真展でも増えてくれば、1発撮影の地上流れ写真を何時かは過去のものになると思っています。HDRもしかり、人間の目では逆光の中に浮かび上がる景色は確り見えるが、最新のカメラでも明暗差が激しければ黒ベタの画像しか手に入らない、また被写界深度もそうですね、マクロ上で毛虫を撮れば顔だけのピントが、ピンとずらし撮影でPhotoshopで合成すれば大変クリアなービックリするほどのクオリティーなる毛虫が出現しますね。この方法はもうすでにカメラで再現され販売されたようですね『よちゃん』方式は画像作成上の文化の進化です。もう嬉しくなりました。 有り難う御座います。利用させていただきますね。

投稿: はゆたま | 2015年7月 7日 (火) 16時06分

はゆたまさん、初めまして!
暖かいコメント何度も拝読させて頂きました。ありがとうございます。
こういった書き込みはやり甲斐につながります。本当に嬉しいです。
ぜひ、新星景写真を(最初は無理のない範囲からでも結構ですので)試して見てください。
今後ともよろしくお願いいたします。ありがとうございました(^0^)

投稿: よっちゃん | 2015年7月 8日 (水) 01時53分

こんにちわ。はじめまして。
星ナビ拝見いたしました。感動しました!
まったくのシロウトなのですが、長野県民ということもあり、よく星を撮りに出かけています。
こちらのサイトでしっかり勉強させていただき、自分も新星景写真をやってみたいです。
昨日鉢伏山というところで、天の川と諏訪湖の夜景を同時に撮ろうとやってみましたが、普通のやり方では星と夜景の明るさがぜんぜん違うのでうまくいきません。画像処理のスキルは絶対必要だなと痛感しているところです。

投稿: はんこ屋 | 2015年7月11日 (土) 12時49分

はんこ屋さん、はじめまして。宜しくお願い致します。
星ナビをご覧頂いてありがとうございました!
長野にお住まいなのですね、私が最も永住したい場所です。
景色と星空の輝度差は大きいですよね、新月だとなかなか景色が明るくなってくれません。
そんな際には非常に有効な手法だと思います。
是非、習得されて素晴らしい新星景写真を拝見させて下さいね。
今後ともよろしくお願い致します(^^

投稿: よっちゃん | 2015年7月12日 (日) 11時33分

DVD届きました。これから勉強ですが、早くいろんなことをマスターしていきたいです^^
まずは御礼まで。

投稿: はんこ屋 | 2015年7月18日 (土) 08時54分

はんこ屋さん、こんばんは!すっかりお返事遅くなりまして申し訳ございません。
DVDの件ではありがとうございました。
画像処理のパートがややスピード速い解説となっていますので、もし分かりにくい箇所など
ありましたら、何なりとご質問下さい。
宜しくお願い致します。

投稿: よっちゃん | 2015年7月20日 (月) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/58552973

この記事へのトラックバック一覧です: 二値マスク合成による新星景写真:

« 週末ロングトーク0110 | トップページ | 二値マスク合成星景写真 技術解説 »