« 東京オフ会天体写真画像処理徹底解説ビデオvol2in東京 のご紹介 | トップページ | 久々の一人語り »

2014年12月15日 (月)

オリオン三ツ星付近

先日10月25日にあららぎ高原スキー場で撮影した作品を公開します。

遠征動画はこちら


改造デジカメ6D+ε130D の組み合わせをカラーチャンネルとし、ε180ED+ML29050のL画像と一部星の色をLRGB合成した作品です。
カラフルな星の色を短時間で取得し、L・RGB共にS/Nが向上するこの手法を、カラーアシスト方式と呼んでいます。

1_32_3

拡大画像(外部リンク)はこちら



<オリオン三ツ星付近>

撮影地:長野県下伊那郡阿智村 あららぎ高原スキー場
撮影日時:2014年10月25日(日曜日)00:05~ 
撮影機材:タカハシ ε180ED(500mm F2.8)、FLI ML29050(-35℃冷却)、NJP赤道儀(K-ASTECモーター改造)、アストロドンLRGB Gen2フィルター、
Superstarガイドカメラによるオフアキシスガイド、β-SGRフォーカサー、EOS6D(SEO-SP4改)+ε130D(430mmF3.3)
によるカラーアシスト
露出時間:(ML29050) L10分×18枚、RGB各10分×2枚、(EOS6D改) 5分×49枚 (ISO1600)
※ε180EDと同時撮影 

合計露出時間:485分(8時間05分相当) 
 
使用ソフト:MaximDL(撮像・ガイド・カラー現像)、CCDstack(シグマクリップ・コンポジット)、ステライメージ7(ダーク・フラット補正・レベル補正・DDP処理)
PhotoshopCC(色調補正・コントラスト処理・ローカルコントラスト処理・ノイズ低減処理・シャープネス処理)
使用ディスプレイ:EIZO CG211(5000K,γ2.2,100cd)
鑑賞チェック済みディスプレイ:CG211,MBP(Retina 15inch)共に5000K,γ2.2,100cd 、iPadAir2、iPadmini2、iPhone4s


1_42_43

|

« 東京オフ会天体写真画像処理徹底解説ビデオvol2in東京 のご紹介 | トップページ | 久々の一人語り »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

ついに完成しましたか。トーク収録したりギターを弾いたりととってもテキトー(笑)そうに撮影していたように見えたのですが、これはよっちゃんの最高傑作クラスのような気がします。とにかく立体感が半端じゃない。天文の女神様が光臨してますねー。

投稿: 龍之介 | 2014年12月15日 (月) 22時37分

龍之介さん、ありがとうございます。cancer
ずっと放置していた素材でしたが、ようやくやる気になって処理しました。
最高傑作クラスですか!おお、それは嬉しいですが、かなりあぶりだしているので翌朝見てどうかは心配です。
あの日の撮影は今年では一番楽しかった遠征だったなー。
ああいうのをまたやりたいですね。夏なんかはいいんでしょうねー。寒くないので。

投稿: よっちゃん | 2014年12月15日 (月) 23時24分

おお、あの時の写真ですか。凄すぎて言葉もありません。
やっぱりハイブリッドはデジカメでも凄いですね。

投稿: のんた | 2014年12月16日 (火) 15時29分

のんたさん、こんばんは。そうです、のんたさんに初めてお会いしたときの晩の作品です。
今回透明度と露出があいまって、6D+130Dでかなり色乗りの良い素材が得られました。
勢いで処理して昨夜公開しましたが、今朝見たら暗部を出しまくっているのにびっくりしました。

投稿: よっちゃん | 2014年12月16日 (火) 20時15分

カラフルですね~
僕も似たような付近を撮ってきましたが、こうなる自信は無いです・・・
しっかりGが込められてるあたりは到底真似出来ない領域なのかなと。
燃える木周辺の僅かな青が良いですね。

投稿: slo | 2014年12月16日 (火) 21時00分

sloさん、ええーsloさんもここらを撮ってたのですか!
初めてじゃないですか?sloさんの馬頭は見たことがないような。
一番気がかりなsloさんの作品を、早く見て見たいです。

投稿: よっちゃん | 2014年12月16日 (火) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/58278842

この記事へのトラックバック一覧です: オリオン三ツ星付近:

« 東京オフ会天体写真画像処理徹底解説ビデオvol2in東京 のご紹介 | トップページ | 久々の一人語り »