« 星空トーク15minutes(第14回 「第3回天体写真画像処理ライブセッション in 大阪」開催告知について) | トップページ | 第3回 天体写真画像処理ライブセッション in 大阪 募集告知 »

2014年11月 8日 (土)

IC405・410付近

先日9月28日にみつえ高原牧場で撮影した作品を公開します。

改造デジカメ6D+タカハシ イプシロン130Dの組み合わせをカラーチャンネルとし、ε180ED+ML29050のLRGBをLRGB合成した作品です。
同時撮影を行うことでL・RGB共にS/Nが向上するこの手法を、カラーアシスト方式と呼んでいます。

Maga1400pixue_2Maga1400pixsita_2


大きな画像はこちら(2000pix)



<IC405・410付近>

撮影地:奈良県宇陀郡御杖村 みつえ高原牧場
撮影日時:2014年9月28日(日曜日)01:21~
撮影機材:タカハシ ε180ED(500mm F2.8)、FLI ML29050(-30℃冷却)、NJP赤道儀(K-ASTECモーター改造)、アストロドンLRGB Gen2フィルター、Superstarガイドカメラによるオフアキシスガイド、β-SGRフォーカサー、EOS6D(SEO-SP4改)+ε130D(430mm F3.3)鏡筒によるカラーアシスト
露出時間:(ML29050) L10分×12枚、RGB各10分×1 (EOS6D改) 5分×27枚(ISO1600)※ε180EDと同時撮影
合計露出時間:285分(4時間45分相当)
使用ソフト:MaximDL(撮像・ガイド・カラー現像)、CCDstack(シグマクリップ・コンポジット)、ステライメージ7(ダーク・フラット補正・レベル補正・DDP処理)、PhotoshopCC(色調補正・コントラスト処理・ノイズ低減処理・リサイズ)

|

« 星空トーク15minutes(第14回 「第3回天体写真画像処理ライブセッション in 大阪」開催告知について) | トップページ | 第3回 天体写真画像処理ライブセッション in 大阪 募集告知 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

暗部の諧調はほんといつ見ても見事としか言いようがないですね。
ハイライト~暗部まで何処を切り取っても諧調に連続性とコントラストが上手く絡み合い、256諧調を上回って見えてるのは私だけではないでしょうね。

投稿: slo | 2014年11月 8日 (土) 17時11分

sloさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
sloさんに批評なしコメいただくのはお世辞でも嬉しいです。
この領域というか赤い対象は本当に苦手だなーと今回で身を持って感じました。。

投稿: よっちゃん | 2014年11月 8日 (土) 17時14分

こんばんは。(くろ)こと、杉村麻記子と申します。デジタル天体写真グループではコメントを返していただきありがとうございました。
実は先日この対象(といってもIC405,410部分のみですが)を撮影し、イメージをしたくて、ネットにある皆さんの勾玉の画像を検索していたのですが、これはと思える作品になかなか出会えていませんでした。
こちらの作品はsloさんもおっしゃっている通り、いろいろな色合いがバランスよく表現されていて素晴らしいです。こんな表現ができるんですね。

PS:ご案内されているドーンセンターのイベントに参加をしたいと思っています。お目にかかったらよろしくお願いします。

投稿: くろ | 2014年11月 9日 (日) 04時02分

くろさん、こちらでは初めまして!
ブログにコメントを頂き、ありがとうございました。
FBでの活躍を拝見させて頂いておりますが、ブログもされていたのですね。
今後立ち寄らせて頂きます!
IC405と410は明るいながらも処理イメージがなく、毎日少しずつ処理しては
やり直しの繰り返しで、なかなか難しいなと実感しました。

大阪のオフ会にお越し頂けるのですね!!

それは嬉しいです。
懇親会などで、是非交流させて頂きたいです。
年末までに、色々と準備作業を頑張りますので、当日はどうぞよろしくお願い致します(^^

投稿: よっちゃん | 2014年11月 9日 (日) 04時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/57921850

この記事へのトラックバック一覧です: IC405・410付近:

« 星空トーク15minutes(第14回 「第3回天体写真画像処理ライブセッション in 大阪」開催告知について) | トップページ | 第3回 天体写真画像処理ライブセッション in 大阪 募集告知 »