« 『天才近江商人を囲む天体画像処理オフ会』 大盛況にて終了! | トップページ | タイムリマップを使ってみたけど・・・ »

2014年8月18日 (月)

天体画像処理ライブ 編集中の映像公開

2014年8月15日に関ヶ原で行われた、「天才近江商人を囲む 画像処理オフ会」における、私の実演パートを映像編集しています。 以下が、その作成途中映像です。

(1080p高画質でご覧下さい)





3対象の天体画像処理風景を、カメラ3視点・画面キャプチャ1点で表現していますので、臨場感のある映像が楽しめます。
また、テキストをふんだんに取り入れ、「見て読んで追試しながら、必ず身になる」コンテンツを目指してます。

まだまだ編集途中ですが、完成をご期待下さい!

|

« 『天才近江商人を囲む天体画像処理オフ会』 大盛況にて終了! | トップページ | タイムリマップを使ってみたけど・・・ »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

よっちゃんさんおはようございます
これは良いですね~、まさに皆さんが待ち望んでいた物ではないでしょうか。
左上に意図と選択するコマンドが出てきてキャプチャ画面で操作の方法、パラメータが綺麗に見えるので非常に解りやすいです。
これなら初心者でも理解しやすいのではと思いました。
入門書や入門サイトが突っ込んでいないホントに皆さんが欲しがっていた部分がいっぱい詰まっていそうですね。
これを見ればよっちゃんさんが今まで公開されている手法が流れの中でつながって行きますね。
こんなのが欲しかったんですよ!、いや~これは楽しみです。

投稿: Tami | 2014年8月19日 (火) 09時03分

よっちゃんさん、素晴らしい教則ビデオが出来そうですね!
少し気になったところは、天才近江商人さんのライブ解説(笑)
さそり座の処理の時は何となく解説をして下さっていましたが、他の2対象は近江商人さん、KIRIさんともに沈黙部分が多かったと思います。
せっかく解説していただいたものを使わないのは心苦しいですが、心を鬼にして、いつのの動画のようによっちゃんさんが音声解説を入れなおした方がわかりやすくなるように思います。
今回のサンプルを見ても、やはりスピードが早すぎて、文字解説を確認しながら、肝心のPSでの作業状況を認識するのはかなり困難に思いました。ここで音声解説フォローがあればいいな〜と思います。
もしかしたら、再生スピードを0.7倍(0.5倍)くらいに編集ソフト上で変更した方が良いのかもしれないですね。画質処理をよくわかっている人には少しかったるいくらいが調度良いスピードではないかと思います!
さらなる作業が増えますが、販売本数10万本を目指すには初心者にわかりやすいことは重要だと思います!ご検討ください!!

投稿: james | 2014年8月19日 (火) 09時16分

編集作業、ご苦労様です! これはかなり大変な作業ですね。
左上に出ている文字解説の部分、すごくうれしいですが、少し小さいなぁ、と思いました。作業が速いので、すぐに切り替わってしまうこともありますね。
最近、視力が落ちていることもあるので、拾って読むのが少し難しいです。
文字部分だけの表示を、大きく、画像と画像の間に挟んで表示し、それを入れることで、間を取ってもらえると嬉しいなぁ、と思いました。

まだまだ残暑厳しいですね!でも、皆さん、いまかいまかと、かなり期待しているかと思いますので、がんばってください!

投稿: 星太朗 | 2014年8月19日 (火) 13時17分

Tamiさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
キャプチャ動画はMacなのですが、そこでの書き出し⇒Windowsへの持込みに時間がかかり、ようやく動画を配置したという状況です。
天体写真にたとえると、多数枚モザイク合成のレイヤー配列・結合が終わったところ・・・という状態でしょうか?

今のうちに色々アドバイス頂いて、より良いものが出来たらいいな~と思います。
それにしても、こういう動画ってマニアックですね~(笑)
我ながら、すごくニッチなものを作っているんだなと感じます。

投稿: よっちゃん | 2014年8月19日 (火) 20時02分

ジェイムスさん、コメントありがとうございます!

アフレコによる音声解説、イイですね!
せっかくステレオなので、片側だけにアフレコを追加するというのもありですね。
データ用の2層DVDにファイルを入れて、PC再生専用にしようと思っています。
そうじゃないと、DVD-videoがフルHDをサポートしていないので・・・。
どのみちTVで再生すると色階調がおかしく見えてしまうので、PC専用のデータDVDが良いのだとは思います。

再生スピードについても了解です。
一度エンコードして、4動画を全て統合してしまってからの方がやりやすそうですね。

頂いたアドバイスを、極力反映させてみます。
他に気づいた点あれば、また教えて下さいね~。

投稿: よっちゃん | 2014年8月19日 (火) 20時07分

星太朗さん、こんばんは。コメントありがとうございます。

なるほど、文字を大きく・・・そして動画間に割り込みですか~。
じゃあ、こうしたらどうでしょう。
動画と動画の間に黒画面の白文字を入れると、動画に復帰したときに視線位置が迷ってしまうので、
肝心なポイントが来たら動画を静止状態にしたままでテロップが入る、というのはどうでしょうね。
それなら、文字も静止したポインターの位置も後追いできます。
やったことないけど、たぶんタイムリマップというコマンドを使えば可能のように思えます。

あと、大きくした文字の位置ですが、PS画面内の方がいいかもですね。
その辺りも見直しかけますね。

編集が煩雑になるので、現状ある3視点の動画とキャプチャ動画のみ、一度結合(エンコード)して1ファイル化した方が
楽なのかもしれませんね。今からちょっとやってみます。

投稿: よっちゃん | 2014年8月19日 (火) 20時11分

動画が止まって、テロップ! いいですねぇ。かなり見やすくなりそうです!
文字は確かにPS画面内のほうがいいかもしれませんね。

頻繁に使っているテクニックに関しては、テクニックに名前でも付けて、
動画の最初に、そのテクニックの解説を、詳しく入れてしまうといいかもしれませんね。
で、動画最中には、テロップで、ここで【よっちゃんビームA】を発射とか(笑)。

頻繁に使っているテクニックに関しては、あとで、どこで使ったのかを、
索引みたいなもので、逆引きできるといいですね。

あと、テクニック使用前と使用後の画像の差が、ゆっくり比較できると、いいかもです。

ところで、動画内のよっちゃん、むっちゃかっこいいですね!自分でもそう思いませんか?
この動画見たら、たくさんの女性が落ちますね(笑)。

投稿: 星太朗 | 2014年8月19日 (火) 20時41分

星太朗さん、こんばんは。再びコメントありがとうございました。
まずは文字なしの3視点+1キャプチャの動画をレイアウトしてタイムコードだけ埋め込んだ動画ファイル(1時間14分)をエンコードしようと実行したのですが、
ステータス見ると残り100時間と書いてあってビックリ!少ししてから見たら徐々に減っていって、今は残り17時間9分になりました(笑)
Mac Proとかが欲しくなります。
常用技の命名ですかー、それはちょっと恥ずかしいですねぇ。
けど、例えば星マスクとか、星雲強調時のレベル強調の連続コマンド、あとハイパス系の複合コマンドなどは、あれは手癖でやってるだけなので、そういうのは見出し
に名前つけてもいいかもしれませんね。

>頻繁に使っているテクニックに関しては、あとで、どこで使ったのかを、
索引みたいなもので、逆引きできるといいですね。

ですねー、そういうのもあって、タイムコードを埋め込むことにしました。アンタレス・M42・M31、それぞれにタイムコードを埋め込んでます。
開始地点は「(ファイルを)開く」クリック時、終了地点は「処理終わりました。」を発した時点です。
各種コマンドを繰り出すスピードが速いので、秒間30フレーム区切りでタイムコード入れとけば、例えば「M42の12:53:03」は何をやってるのですか?と聞けますからね。

色々発想は出てくるものの、なかなかPCがついていってない状態です(涙)
皆さんのアドバイスを、引き続き頂ければと思います。

投稿: よっちゃん | 2014年8月20日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/57119634

この記事へのトラックバック一覧です: 天体画像処理ライブ 編集中の映像公開:

« 『天才近江商人を囲む天体画像処理オフ会』 大盛況にて終了! | トップページ | タイムリマップを使ってみたけど・・・ »