« カラーアシストって実際どうなの? | トップページ | 高橋製作所 FSQ106EDの真価について »

2014年4月16日 (水)

写真の美しさについて語る

今夜も、自分にとって語ることが難しいテーマを取り上げています。
一発撮りなので、色々とおかしな部分があるでしょうが、そこはご容赦下さい。

|

« カラーアシストって実際どうなの? | トップページ | 高橋製作所 FSQ106EDの真価について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

写真が与える印象には表現対象の色というのが非常に大切で、その色に「冷たい」「明るい」「元気だ」「落ち着いた」というような様々な印象を与える事ができる。
ある一つの色相のなかでも、その印象は明度と彩度によって決定されるので、カラーアシストは有用であるということを昨日から考えていました。
カラーアシストによって、表現できる色相、明度、彩度の領域がMAXになるのだろうと、やってもないのに脳内で勝手にシミュレーションしています。

投稿: 近江商人 | 2014年4月16日 (水) 07時30分

言葉足らずなので補足すると、
カラーアシストによって、破綻なく表現できる色相、明度、彩度の領域がMAXになるからこそ、
「冷たい」「明るい」「元気だ」「落ち着いた」というような彩度と明度が与える色の表現を自由に且つ複雑に与えることができると
脳内で消化しています。

投稿: 近江商人 | 2014年4月16日 (水) 08時07分

近江商人さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうなんですよ、色相・彩度・明度などの各種数値。これらの組み合わせで、かなり色数が増えるんですよね。
映像でそれを伝えたいのですが、なかなかです。
近江商人さんのセンスの良さならば、きっとモノに出来ると思います。
これほどセンスがあると、交流面などで孤独な面もあるかと思いますが、頑張って下さい。
sloさんも絶賛していましたよ。

投稿: よっちゃん | 2014年4月18日 (金) 22時09分

ヤフーブログのアカウントのほうに連絡先などメッセージを送っておきました。届いているかな〜?

投稿: 近江商人 | 2014年4月20日 (日) 06時41分

近江商人さん、届きました~!・・・って、すでに6月になってしまいました。
色々やりとりで情報を頂き、感謝しております。

投稿: よっちゃん | 2014年6月 8日 (日) 09時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/55797150

この記事へのトラックバック一覧です: 写真の美しさについて語る:

« カラーアシストって実際どうなの? | トップページ | 高橋製作所 FSQ106EDの真価について »