« 実家の画像処理環境 | トップページ | 天文ガイド 2月号 最優秀作品に選ばれました »

2014年1月 3日 (金)

年始の画像処理環境その2 デジカメ処理のインプレも

新年明けましておめでとうございます。
昨年の動画に引き続き、実家での画像処理環境(処理してみて感想)の動画を公開します。

かなりつまらない内容だと思いますので、ヒマな方限定でご覧下さい。

|

« 実家の画像処理環境 | トップページ | 天文ガイド 2月号 最優秀作品に選ばれました »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

あけましておめでとうございます。
デジカメが優秀というお話でしたが、私もそれを痛感していますね。
確かに冷却CCDのLは凄いですが、値段相応かというと微妙ですし、別に作品のクオリティが
それだけで上がる様な魔法の道具ではないようです。
まだまだデジカメにも出来ることがあると思っています。今年もよろしくお願いします。

投稿: hana | 2014年1月 4日 (土) 10時50分

よっちゃんさん、明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。ソファでの就寝で腰の調子がよろしくないようですね。仕事始めに向けて腰をご養生ください。

 新年早々のYoutube、参考になる部分がたくさんあります。あらためて照明のこと、自分も部屋の照明環境をもう少し整えておかないといけないなと思いました。

 そのほか、デジカメとコーワの組み合わせについての言及のなかで、カラーCCDの可能性についても少し触れられていますね。私は今年、ぜひともシグマレンズと8300系CCDをつかってRGB撮像に特化させるシステムを検討しています。RGB撮像システムを無理にモノクロCCDにするとなると、フィルター交換の煩雑さ、そして一発撮りでないためにフラットを合わせにくくなることがあるかもと考えるようになりました。カラー冷却CCDならば別途追加するフィルター枠分のバックフォーカスを心配することなく、手持ちのK-Astecカメラフォーカサーを生かすことができるようにも思います。PL16000とFSQで徹底してL画像を取得し、色収差のない望遠レンズと8300系カラー冷却CCDでRGBをひたすら撮り続ける、そんなシステムを考えようと思います。

投稿: 松林@青森 | 2014年1月 4日 (土) 13時43分

hanaさん、新年明けましておめでとうございます。
昨年は色々お世話になりました、今年もどうぞ宜しくお願い致します。

モノクロ冷却CCDの価格は8300チップ系以外はまだまだ高値ですよね。
フルサイズに関しては、デジタル一眼では6Dなど安いものが出回ってきたにも関わらず
いまだに値段変わらないですね。
デジカメは処理の方法を間違わず丁寧に素材を展開していけば、冷却CCDに匹敵する
十分なクオリティを得られることが分かりました。
画質の差はノイズとかビット数の差というよりも、もはやフィルターがRGBなのかLなのか
だけの差(感度やS/Nなど)だけに過ぎないような気もします。
今回処理している作品のデジカメ画像は、Webでも大きく公開したいと思っています。

投稿: よっちゃん | 2014年1月 4日 (土) 14時19分

松林さん、あらためて新年明けましておめでとうございます。
今年もどうぞ、宜しくお願い致します。
腰へのお気遣いありがとうございます、何とか今月中ぐらいまでには直したいものですね。
モニターや照明などは凝り出すと楽しいものですよ、特にモニターは画像処理を大きく左右しますので重要ですね。

カラーCCDというかワンショットのカメラは本当にフラットが良く決まります。
今回処理している対象もやや淡いものなのですが、低空のRGBフィルターで星の色用に撮ったモノクロのRGB
画像に比べて、段違いにムラがなく直線的で整然とした光害カブリ処理だけで綺麗な絵になりました。
対してモノクロの方はPSのグラデーションマスクを多用しないとかなり厳しい印象を受けました。
低空で5分という条件自体に問題があるのでしょうが、さすがにこれだけフラットの良し悪しに差がつくと、RGB
はワンショットに限るなと確信は強まる一方です。

松林さんも是非、カラーワンショットCCDの購入を検討されてみて下さい。
モノクロと値段変わりませんし、やっぱりカラーアシストはカラーカメラが良いのかなという気がしますね。
ただ、年末からずっとお伝えしたかったのですが、カラーアシスト方式の画像処理は通常の処理よりもプロセスが長く
色々と迷いが多くなるかとは思います。
僕は月に2対象程度を、あえて時間をかけてコツコツ処理してヒマつぶしするのが大好きなので良いですが、
普通の人はこういう作業はしんどいかもしれません。
カラーアシストの画像処理については、ほとんどWeb上では公開していない段階ですが、メールでも何でもお聞き
頂ければ何でも共有させて頂きますので、言って下さい。
その前にまずは、システム構築ですね。柴田さんからパーツが上がってくるのが楽しみですね。
今後も情報交換を宜しくお願い致します。

投稿: よっちゃん | 2014年1月 4日 (土) 14時29分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/54480530

この記事へのトラックバック一覧です: 年始の画像処理環境その2 デジカメ処理のインプレも:

« 実家の画像処理環境 | トップページ | 天文ガイド 2月号 最優秀作品に選ばれました »