« NJP赤道儀のギア調整 | トップページ | <完全版>チャンネル減算マスクの使い方と応用 »

2014年1月21日 (火)

MacBook Proの天文活用その後

しばらくレポートをしていなかったMacBook Pro retina 15inch ノートPCについて、その後を動画にしてみました。

天文Web閲覧や、画像処理ムービー作成などで結構活用しています。

|

« NJP赤道儀のギア調整 | トップページ | <完全版>チャンネル減算マスクの使い方と応用 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

ココログの広告を外すだけで、ずいぶんとブログの印象がスッキリとするものですね。テキストだけでなく、特にバナー類はなんだかしつこく感じることがよくあります。

iMovieでの動画調整も、ぜひやりたいなと思っています。ただ所有するiMacが今だcore2のタイプなので、動画処理やPhotoshopでの画像処理でずいぶんと遅く感じてしまいます。できればi7タイプのiMacかMacBook Pro. Retinaに買い替えできたらなと思ったりしています。きっと今よりずっと快適にサクサク動くのでしょうね。先日ヤマダ電機でいじったのですが、MacBook
Retinaのタッチパッドの操作性は、これまでのパソコンとは全く違う快適なものでした。

投稿: 松林@青森 | 2014年1月24日 (金) 01時07分

松林さん、コメント遅くなりまして申し訳ありません。いつもながら、温かなメッセージありがとうございます。
ココログの広告をはずしたら、開く際の待ち時間も短くなってイイ感じですよ!
ただ、これだけのために毎月課金されるのは、額はどうあれちょっと悔しいかもしれませんね。もうちょっと他のメリットもあればと。
MacBook Retinaは画像解像度が高いため、画像処理ムービーなどの動画キャプチャー作業で欠かせない存在になっています。
キャプチャー中でトリミング処理をしても、元画像のサイズが大きいので、1920そのものを活かせるんですよね。
ただ、最近はやはりipadでネット閲覧(主にyou tube)で過ごすことが多く、なかなかノートPCすら立ち上げることがない状態ではあります。

投稿: よっちゃん | 2014年2月18日 (火) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/54685959

この記事へのトラックバック一覧です: MacBook Proの天文活用その後:

« NJP赤道儀のギア調整 | トップページ | <完全版>チャンネル減算マスクの使い方と応用 »