« 星マスクの作り方(完全版) | トップページ | syosi-さんと天体写真を語る(2014-1) »

2014年1月 8日 (水)

寒い遠征地でiPadを使ったリモート撮影をする

今日はiPadを使ったリモート撮影についてご紹介しています。
寒い日などにはかなり有効なアイテムになりそうです。
iPadは思いの外天体写真との親和性が高く、例えばフラット撮影等、多くの用途で遠征撮影をサポートしてくれるツールだと感じています。

|

« 星マスクの作り方(完全版) | トップページ | syosi-さんと天体写真を語る(2014-1) »

撮影技術」カテゴリの記事

コメント

よっちゃんさんこんばんは。青森の松林です。

 このSplashtop、大変便利ですね。いろいろ調べてみると、このソフトはIPadだけでなくIPhoneでもできるようですね。私の手元にあるIPhoneでもできることになりますが、さすがに4インチディスプレイでは厳しいものがありそうです。

 最近妻がIPadほしがっています。これをいいことに、プレゼントと称してIPadかってしまおうかなと思っています。普段は家の中でWifi受信してネットサーフィンしてもらいますが、もちろん遠征時は私が持っていくということで。家族も満足、私も満足ということでハッピーエンドになるはず…。

 こちらは冬場になると平地でもマイナス20度近くなることがあります。そんな凍てつく夜空の下、パソコンの近くで鎮座するのはあまりに厳しいものがあります。USBコードを20m伸ばすことができるようにしていますが、このSplashtopさえあれば、もっと快適にできますね。情報をいただきありがとうございます。

投稿: 松林@青森 | 2014年1月 9日 (木) 00時35分

松林さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
最近松林さんの撮影意欲がどんどん高まっているようで、大変嬉しい限りです。
まだこのsplashtopは一度しか使っていないのですが、とにかく簡単につながるのが良いですね。
本当はノートPC側でルータ機能をもたせるというか無線アクセスポイント化の処理を事前にノートPC側にやっておくのが良いと思います。
ただ僕はそれが面倒だったので、自宅のルータをそのまま持っていって赤道儀そばのPCとルータを直結し、20メートル離したiPadでリモート操作
しました。とりあえずこれでも十分事は足りるようです。
iPadはフラット撮影にも素晴らしい性能ですよ!松林さんのFSQなら、iPadの画面で純正フードを満たすことが出来るのではないでしょうか?
その他にも、例えばEOS Utilityでプロミナーのピント手動操作時にiPad片手にライブビュー拡大モニターしながら星像のピントを追い込むことが可能です。
これ一台で、本当に色々なことが出来ますね!素晴らしいです。
僕も以前はLANケーブルを20メートル延ばしていましたが、全然そんな必要がなくなりました。以前使っていた17インチのリモート用PCも、これで完全に
お役御免になりました(笑)

投稿: よっちゃん | 2014年1月12日 (日) 02時46分

よっちゃんさんおはようございます。iPadによるWindows遠隔操作について教えていただきありがとうございます。こうして遠隔操作ができるようになれば、本当に便利でしょうね。ぜひ試してみたいと思います。

 私も先日Windows側にSplashtopをインストールしました。あとはipad側ですが、支払い時に必要なカードを持っていないので購入できませんでした。カードを作ってから、あらためてインストールしてみたいと思います。

 一つ分からないことがあります。PC側のルーター機能ということについてです。これはPCだけだとだめで、何らかのルーターを取り付ける必要があるということでしょうか。よっちゃんさんがどのようにしてPCにルーター機能を持たせるようにされているのか、お時間のあるときでよろしいですので詳しく教えていただければ幸いです。

 基本的な質問で申し訳ございません。お時間のあるときで結構ですのでよろしくお願いいたします。

投稿: 松林@青森 | 2014年1月12日 (日) 09時17分

よっちゃんさんこんばんわ。自分もiPadで遠隔操作をしております。自分はRD Clientというマイクロソフトが提供している無料アプリを使ってます。同じネットワーク環境を構築してSplashtopとの遅延時間を比べてみようと思います。ピント追い込み時には遅延時間が気になりますので。
あと、スマホのテザリング機能を使ってPCとiPadをWifiかBloutoothでスマホに繋いでいるので、ルーターやPCのアクセスポイントの設定が必要なくなるのでよいですよ!

投稿: 近江商人 | 2014年1月13日 (月) 17時45分

よっちゃんさんこんばんは。iPadでのWindowsパソコンの遠隔操作、いろいろと試して見ましたらすんなりと成功することができました。私はクレジットカードがないので無料アプリしか買えないなと思っていたら、Microsoftで出しているRemote Desktopというアプリが無料だと知りインストールしました。操作感覚はそれほど大きく変わらないような気がしました。

ただ自宅の据付Wi-Fiルータで試したので、実際に現場で試す必要があります。撮影現場では手持ちのモバイルルータを使うことになりますが、東北の田舎の山の中で電波が実用になるかどうかが最大の心配です。撮影機材はまだ届いていませんが、こうした時こそ時間があるので現場で実験してみたいと思っています。

投稿: 松林@青森 | 2014年1月14日 (火) 01時29分

松林さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
2つコメントを頂きましたので、まとめてお返事致します。

ipadで無料アプリがあったとのことで、本当に良かったですね。
これで、mobileルータを持参すれば即リモートOKなのではないでしょうか。
私は自宅のルータを遠征先にわざわざもって行きましたが、もっと楽な方法
を見つけなきゃ、というところで止まっている状態です。
自宅のルータを遠征先で使う場合は、もちろんですがインターネット接続の必要はないので、
車と赤道儀の距離が問題でしょうか。

投稿: よっちゃん | 2014年1月14日 (火) 21時28分

近江商人さん

こんばんは、コメントありがとうございます。
近江商人さんもiPadで遠隔やっておられるのですね。
wifiの受信感度というか応答速度にロスを感じることがなく、非常に満足しているところです。
仰るようにデザリングだと便利でしょうねー、私は4sでデザリングやってないので使えないのが残念なところです。
ピントの追い込みの際は、こういうタブレットのようにピンチインアウトで拡大出来るものが便利ですね!

投稿: よっちゃん | 2014年1月14日 (火) 21時30分

こんちわ。

 改造デジカメと四半世紀前のFC-100を主砲に、お気軽天体写真を楽しんでいます。
 一昨年の夏、携帯をスマホに替えて、Wifiデザリング+無線LANのAPとして屋外お手軽ネットワーク構築に重宝しています。そんな環境下、撮影時のリモートデスクトップに Brynhildr を使っていました。ところがこいつ、時々反応が無くなるとうことがあって、ちょっと不安に思っていたところでした。
 さっそく splashtop を入れてみました。クライアント側で画面解像度が選べるのは面白いですね。
 デザリングでネットに接続した状態なので、撮影の合間に、ツイッターやら、フェイスブックをするもヨシ。撮影開始後は、上がってくる画像を確認する合間の時間つぶしにも重宝しています。
 不都合がなければ、このままsplashtopをリモートデスクトップのデフォルトとして使おうと思っています。当方の環境は、寒い側 Win7(64bit)、暖かい側 XP(32bit) です。
便利なツール、紹介ありがとうございました。m(__)m

投稿: kaji@萩市 | 2014年1月18日 (土) 01時15分

kaji@萩市さん、コメント1ヶ月も放置してしまい申し訳ございません。
splashtopを購入されたのですね、私も実はあれからまだ遠征へ行っていないので1度しか使っていない状態ですが、すんなり慣れることが出来ました。
デザリングをお使いであればネットも撮影も楽しめて、退屈な車内の待ち時間が有意義に過ごせますね!

>当方の環境は、寒い側 Win7(64bit)、暖かい側 XP(32bit) です。

寒い側、暖かい側・・・ですか(^-^)
ビット関係なく通信可能なのですね、安心しました。
こちらもノートPCを新しいものにリプレースしたいです。

投稿: よっちゃん | 2014年2月18日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/54529170

この記事へのトラックバック一覧です: 寒い遠征地でiPadを使ったリモート撮影をする:

» あいめる | 消費者詐欺被害センター [あいめる | 消費者詐欺被害センター]
消費者詐欺被害センターは『お金を騙し取られた』などの悪質な詐欺被害情報を検索、投稿出来る口コミサイトです。『おかしいな?』と思ったらまずは検索を! [続きを読む]

受信: 2014年1月15日 (水) 23時32分

« 星マスクの作り方(完全版) | トップページ | syosi-さんと天体写真を語る(2014-1) »