« デジタル画像ハンドリングの掟 | トップページ | カラーアシスト方式をやってみて »

2013年11月16日 (土)

魔女の横顔星雲付近

先日に引き続き撮影した作品を公開します。


改造デジカメ6D+コーワプロミナレンズの組み合わせをカラーチャンネルとし、ε180ED+ML29050のL画像と一部星の色をLRGB合成した作品です。
カラフルな星の色を短時間で取得し、L・RGB共にS/Nが向上するこの手法を、カラーアシスト方式と呼んでいます。

Slosaiko_8


<魔女の横顔星雲付近>

撮影地:福井県南条郡南越前町今庄
撮影日時:2013年11月2日(土曜日)00:41~
撮影機材:タカハシ ε180ED(500mm F2.8)、FLI ML29050(-30℃冷却)、NJP赤道儀(K-ASTECモーター改造)、アストロドンLRGB Gen2フィルター、Superstarガイドカメラによるオフアキシスガイド、β-SGRフォーカサー、EOS6D(SEO-SP4改)+コーワ プロミナー(350mm F4)レンズによるカラーアシスト
露出時間:(ML29050) L10分×22枚、RGB各5分、(EOS6D改)8分×27枚(ISO1600)※ε180EDと同時撮影
合計露出時間:451分(7時間31分相当)
使用ソフト:MaximDL(撮像)、CCDstack(ダーク・フラット処理・カラー現像・コンポジット)、ステライメージ7(レベル補正・DDP処理)、PhotoshopCS6(色調補正・コントラスト処理・ノイズ低減処理)

|

« デジタル画像ハンドリングの掟 | トップページ | カラーアシスト方式をやってみて »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんな魔女は初めてみました。
何と言うか...
悪そうな魔女といえばいいのかな(笑)
しかしいつもながら見事な出来に溜め息しか出ません…
よ~く見ると小さな銀河がポツポツと伺えますね~
綺麗だ~
さすがよっちゃんだね。

投稿: slo | 2013年11月16日 (土) 15時15分

sloさん、こんにちは。
早速のコメントありがとうございます。
当初は、魔女なんて余裕だろってナメていたのですが、この周囲に広がる何か赤いヤツとか、かなり淡い部類ですよね。

本当はみつえ牧場みたいな南の暗い撮影地で撮りたかったのですが、AstroGPVのお告げに従ってこの地にしました。
けど、おかげで5時まできっちり露光することが出来たので良かったです。(みつえはこの日4時から曇ってきてダメだったみたいです)
このエリアは確かに銀河がたくさんありますよね。この対象は大昔デジカメの初期の頃に1度ショボイのを撮ったきりで、
CCDでも一度も作品にしたことがなかったのですが、今年はようやくモノにすることが出来て嬉しいです。
sloさんのヤツも楽しみにしてます。

投稿: よっちゃん | 2013年11月16日 (土) 15時29分

今仕事終えてPCで見ました。
これやばいね。
今までとは違う領域に達した感じが伺えますよ。
うん。
突き抜けましたね(笑)

「諧調」
辞典繰るとこの写真を出せば納得しそうです。

投稿: slo | 2013年11月16日 (土) 17時32分

こんばんわ、よっちゃんさん、
こりゃーすごい魔女ですね。こんなにたくさんの色が入り乱れている領域だったんですね。すごい立体感です。すばらしい。
アシスト使うようになってこのごろ充実していますね。自分もあきらめないでやってみようかな。。

投稿: tarobu | 2013年11月16日 (土) 20時42分

こんばんは、
素晴らしい魔女の横顔ですね。こんなに色彩が豊富な作品を初めてみました。ここは灰青色だけのエリヤだと思っていました。
私にとってケガが治った来年のとっても良い目標になります。

投稿: けんちゃ | 2013年11月16日 (土) 21時49分

sloさん、こんばんは。再びコメント光栄です。

>これやばいね。
>今までとは違う領域に達した感じが伺えますよ。
>うん。
>突き抜けましたね(笑)

道、踏み外しましたかね?(笑)
処理していてずっと感じていたのですが、この素材、もしみつえ牧場で撮ってたらL22枚が多分L12~13枚ぐらいで済むのではないかなと。
なので、みつえ牧場でL22枚撮れていたら、もっと滑らかになったかもしれませんね。こういう淡い対象は空の暗さがとっても重要なんでしょう。

階調ですかー、そもそもこういう淡い星雲を炙り出すのは得意分野ではないのですが、やっぱり空と露出時間次第なんでしょうね。
画像処理でほんの少し背伸びすることは出来ても、上記の2つだけはやっぱり偽ることが出来ないですね。
デジカメでのカラーは冷却のRGBと違って、ワンショットだけに3色分解撮像のような時間軸でのカブリズレが発生しないため、カブリ処理は楽に感じました。
逆に冷却の5分RGB(星の色用)は、周囲の赤い部分を全然綺麗に引き出すことが出来ませんでした。低空で光害の影響のある淡い対象は、ワンショットの
方が難易度の次元が1つ楽になる気がします。ただ、今はPixInsightなど、インテリジェンスなカブリ除去コマンドもあるので、そうとばかりは言えないのでしょう。

今度はやっぱり、みつえなどの南天の暗い空でガツンと露出した作品を公開したいなと思います!

投稿: よっちゃん | 2013年11月16日 (土) 22時26分

たろぶ~さん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
たろぶ~さんも淡い対象で苦しみながらも好結果を着々とモノにされていますね。
やはりたろぶ~さんもカラー同時取得をやってもらいたいですよ。
今回はプロミナとイプシロンの写野中心位置をオフセットせず同一にしたせいか、PSですんなり位置合わせが出来ました。
デジカメは十分戦力になります、たろぶ~さんのワンショットは16ビットなのでなおさらだと思います。
デジカメでSP4の純IRカットオンリーですが、これだけ枚数撮ってノイズを平均化するので、赤でもしっかり浮き上がってきました。
逆にLの耐性がRGBに負けてしまうか、というぐらいです。今回は南天が光害のある撮影地だったので、なおさらそう感じたのでしょうね。
次回はもっと暗い撮影地で露光したいと思います。
たろぶ~さんも、お時間あればシステム検討されてみて下さい。

投稿: よっちゃん | 2013年11月16日 (土) 22時30分

けんちゃさん、こんばんは。お体回復されてきたでしょうか。寒くなってきたので風邪にもお気をつけ下さいね。
私自身、魔女の横顔がこれだけ色が入り混じったエリアだとは思いませんでした。
だいぶ以前にここを撮影した際は、バックグラウンドのカブリや隆起を全てムラとみなしてブラシで消してしまっていたことを思い出します。
左のリゲルの影響も受けやすいですし、低空の澄み渡った日などに暗い場所で撮影したい対象ですね。
けんちゃさんの撮影復帰を楽しみにしています。ありがとうございました。

投稿: よっちゃん | 2013年11月16日 (土) 22時33分

ため息が出る美しさですね、しばらく見入ってしまいました。
魔女の横顔がこんなにカラフルだとは知りませんでした、本体よりもさることながら
背景の星雲の色合いに魅力を感じます。
カラーアシストでなければ表現できない色情報の多さですね!

投稿: hana | 2013年11月17日 (日) 17時58分

こんにちは、まるですぐそこに煙が立ち上っているかのように見えるほどの凄まじいばかりの作品に感動しました。

ここまでディテールを炙り出す技術はもちろんですが、全ての星が完璧な点で写っている事にも感嘆させられてしまいます。僕の場合、短焦点での撮影は極望のみだとどうしても周辺が回転するように写ってしまうため、ドリフト法等をやってみたりするのですが、それでもわずかに回転してしまいます^^; よっちゃんさんはどのように極軸を合わせられているのでしょうか。不躾ではありますが、もし差し支えなければご教示いただければ幸いですmm

投稿: 龍之介 | 2013年11月18日 (月) 14時40分

hanaさん、こんばんは!
コメントありがとうございます。
お褒め頂いてありがとうございます。
この対象は淡くて画像がザラザラになりました。
出来ればもっと緯度の低くてカブリの少ない暗い空で撮りたいですね。
けど、この周囲に淡い星雲が群がっていることは分かりましたよ。
カラーアシストだと、Bだけ曇られたっていう定番のアクシデントがないのがいいですね。
そうそう、hanaさん、いや師匠、また山岡屋行ってきましたので記事で報告しますね。

投稿: よっちゃん | 2013年11月19日 (火) 20時56分

龍之助さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
煙…そうですね、この辺りは何となく煙のような星雲が多いですよね。
極軸については、榎本司さん作のPolar2001という古いソフトを使っています。
極軸はあまり得意な方じゃないですが、1コマ10分程度のガイディングなら極軸ズレによる写野回転は
ほとんど無視出来る範疇なのであまり深追いしてません(^^;
参考にならなくて申し訳ないですが、ドームの据付などは長焦点で特に設置精度を要求されますよね。

投稿: よっちゃん | 2013年11月19日 (火) 20時59分

おぉ、そのようなソフトがあるとは!早速参考にさせて頂きたいと思います。
僕は遠征オンリーで450mm鏡筒を主に使用していますが、どうしても周辺が伸びてしまって悔しい思いをしておりました…笑
初心者のつまらない質問にレスポンスいただいて本当にありがとうございました。

投稿: 龍之介 | 2013年11月19日 (火) 23時16分

龍之介さん、こんばんは!参考にして頂いてありがとうございます。
とってもシンプルで使いやすいソフトですよ、星の伸びはガイド系にも起因しがちなのでその辺りも含めてあれこれ試してみて下さい。
どんな質問でも結構なので、また疑問あれば聞いて下さいね!

投稿: よっちゃん | 2013年11月20日 (水) 20時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/53951100

この記事へのトラックバック一覧です: 魔女の横顔星雲付近:

« デジタル画像ハンドリングの掟 | トップページ | カラーアシスト方式をやってみて »