« デジタル一眼の天体画像処理フロー動画公開 | トップページ | 語り3連発 »

2013年11月 7日 (木)

新型プラチナグレード用紙を試してみた。

キヤノンから最近出た、新型プラチナグレード用紙を初トライしてみました。

感想の大部分はネタですが、興味ある方はご覧下さい。

 




_mg_1102_2


|

« デジタル一眼の天体画像処理フロー動画公開 | トップページ | 語り3連発 »

プリント関連」カテゴリの記事

コメント

パッと見G寄りは私でも分かりました。
ただ仰るように星に元気がありますよ。
やはり白色点が98なのが効いてるのか、白に勢いがあるんでしょうね。
星を消したがる人には向かないかもしれませんが…
僕もAmazonで注文しちゃおうかな。
ある意味、Web上での見掛け再現性ではNEwが良いのかもね。
白に再現性があるのは魅力的です。

投稿: slo | 2013年11月 7日 (木) 23時42分

sloさん、なるほど。G寄りですか、まぁ紙っていうよりもまずはプロファイルですかね。
けど、Gは大事ですよね。sloさんもGの扱いは好きですよね。天体写真では重要なんでしょう。
紙白がニュートラルホワイトっていうのは前モデルを受け継いでいるみたいで、ここはやっぱり
色を管理(支配?笑)したい方にとっては大事かもしれません。
アマゾンで是非衝動買いして下さい、こんなものぐらいなら安いもんです。

投稿: よっちゃん | 2013年11月 8日 (金) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/53865379

この記事へのトラックバック一覧です: 新型プラチナグレード用紙を試してみた。:

« デジタル一眼の天体画像処理フロー動画公開 | トップページ | 語り3連発 »