« 山岡屋のラーメン3 | トップページ | 腰痛トラブルのあららぎ高原遠征 »

2013年11月23日 (土)

改造EOS-6Dの天体写真画質はどうなのか?

久々にPhotoshopを使った動画です。
以下について映像で紹介しています。
まぁまぁ面白い内容だと思います。

① EOS-6D(SEO-SP4)の天体写真画質について
② コーワプロミナーのピクセル等倍画像・フルサイズ周辺像について
③ デジカメ1枚画像と27枚コンポジット画像のノイズを比較



|

« 山岡屋のラーメン3 | トップページ | 腰痛トラブルのあららぎ高原遠征 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

いやぁ~感動しました。これほどコンポジットの効果が明白な説得力のある説明はほかにありません。
初心者の方はこの動画を見て、コンポの重要性をわかってほしいですよね。
まずノイズ低減の基本はコンポが第一で、画像処理的な処理は最後ですよね。これを一番最初にやってしまうステライメージはちょっとおかしいと思います。

それと、これだけヒストグラムを切り詰められる(=強調)のは、フラットが決まっているからですね。この重要性もわかってほしいですね。

あと、これだけ強調しても星があまり滲まないのは、収差が少ないということですね。このプロミナーの優秀性がよくわかります。ただ、このように輝星が歪んでしなうのは、ちょっと納得できないですね。なんかあるのでしょうか。

いずれにしても、いろいろ感動できる動画でした。

投稿: ほんまか | 2013年11月24日 (日) 00時19分

まぁまぁ面白い動画とおっしゃっていますがこれはめちゃくちゃ面白い動画です。コンポジットの効果、頭では解っていてもこうやって目にすると新たな発見です。
多枚数コンポジットによる効果再認識いたしました。ありがとうございます。

投稿: | 2013年11月24日 (日) 10時08分

ほんまかさん、大変ご無沙汰しております。コメント頂き光栄です。
感動ですかー、こんなに淡々とした感動とは程遠いトークですが、コンポジットの重要性は上手に動画に織り込むことが出来たみたいで
自分自身もこの動画を何度か見てしまいました。ほんまかさんのような超ベテランの方がうなるような動画を今後公開出来ればなと思っています。
フラットも奥が深いですね、色々研究していると、それなりに成果も上がるので楽しいです。特にデジカメのフラットは浦島太郎なので新鮮です。
ほんまかさんは最近まだお忙しいのでしょうか。どんどんペースを上げてまた僕らが驚くような傑作を沢山量産して下さい。
ありがとうございました!

投稿: よっちゃん | 2013年11月24日 (日) 22時14分

お名前が分からないのですが、コメントを頂きありがとうございました。
面白い動画だったというのはすごく励みになります!
最近、どうやったら皆を引きつける動画やトークになるのかなと考えることがあります。
動画編集の技術ももっと身につけたいですね。
コンポジットの効果、自分でもびっくりするぐらい変化したので「おお、これは動画のネタになる」と思って公開しました。
今後も楽しめる内容を発信しますので、是非またご覧いただければ幸いです。

投稿: よっちゃん | 2013年11月24日 (日) 22時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/54023619

この記事へのトラックバック一覧です: 改造EOS-6Dの天体写真画質はどうなのか?:

« 山岡屋のラーメン3 | トップページ | 腰痛トラブルのあららぎ高原遠征 »