« K-ASTEC製 微動装置 XY-50Dの紹介 | トップページ | 山岡屋のラーメン »

2013年10月 6日 (日)

天体写真の向上余地について語る

今夜もぶっつけ本番ノーカットで語ってみました。
お題は、天体写真の向上余地についてです。
難しいテーマなので、話を聞いてもイメージが沸かないかもしれません。
暇な方は聞いて下さい。

なお、登場するキーワードは
・色域の拡大(余地・可能性)
・「妥協の産物」の本意

等があります。

|

« K-ASTEC製 微動装置 XY-50Dの紹介 | トップページ | 山岡屋のラーメン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
ここ数日、近況報告その2と1004と合わせて聞かせてもらっています。
文字や動画と違って、短い時間でも得るべき情報量が多いので、何回か聞いているところです。
メモをとって文字にして初めて理解が深まることもありました。
内容は耳の痛いことばかりですが、とても参考になります。また、同じような悩みをお持ちであることも分かって、共感するところも多かったですね。

最近、思い切ってモニターをEIZOのCX240に変えたんです。まだ操作方法もカラー調整もボチボチといったところです。
自分で処理した画像の荒が目立ってがっかりもしているのですが、逆に早く分かって良かったとも感じています。RGBのザラザラ感のない画像は、まだ一度も手にしたことがありませんので、露出時間やシーイングも含めて課題が多いなと思いました。7月に撮ったM8,20がちょっと良かったかなと思う程度です。それでも厚さ4mmのフィルターに対する光路長調整が不十分だったので、まだまだです。
ε-180EDは今入院中です。少なくともあと一か月はかかりそうです。斜鏡とスパイダーの交換をお願いしましたが、β-SGRを着けた状態での調整、台座の周辺も見てくれているようです。

音声だけでも勉強になるものです。これは続けてほしいですね。

投稿: たか坊 | 2013年10月10日 (木) 20時58分

たか坊さん、すっかりお返事遅れてすみません。
コメント頂き、大変ありがとうございます。
たか坊さんの書き込みで嬉しくなり、週末syoshi-さんと無理やりお願いして(笑)skypeでトーク公開しました。
モニターをナナオに変えられたのですね!ノイズとか暗部の調子などが、今まで以上にシビアに見えて良いのではと思います。
たか坊さんの画像は十分美しいですよ。入院中のε180EDは残念ですが、綺麗な状態でさらに台座周りの調整も兼ねてパワーアップ
されると良いですね!今後も同じ鏡筒ユーザーとして、情報交換を宜しくお願い致します。

投稿: よっちゃん | 2013年10月16日 (水) 00時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/53504662

この記事へのトラックバック一覧です: 天体写真の向上余地について語る:

« K-ASTEC製 微動装置 XY-50Dの紹介 | トップページ | 山岡屋のラーメン »