« 6D現像時のカラーノイズ比較 | トップページ | デジカメ天体写真の高画質について »

2013年9月14日 (土)

システムを組み上げました

イプシロン&プロミナーの組み合わせで赤道儀に載せてみました。
目的は、問題点の抽出です。

まずはシステム全景。
クランプフリーで完全にストップするようにバランスを追い込んだ。

1

システム全体の重量が増したため、ウェイト(ダンベル)2.5kgを2個追加することになってしまいました。
ダンベルを4つ搭載するのは安全上良くないと思うので、純正ウェイトを1コ追加することになりそうです。
おそらくですが、6kgウェイトを1コ追加すればダンベルは2.5kg1個で済むのではないでしょうか。
ここがまず課題ですね。



次にプロミナー・6D周り。

2

手でさするとプレート自体からくるたわみはあります。
なので、今までやっていた親子亀のFS60CBよりも強度的には不安定です。
ただ、微動出来るというメリットは捨て難いので、これでやっていこうと思います。
K-ASTECのXY50D微動装置自体の保持力は非常に高く、これは問題なさそう。
あと、写真を見ればお分かりだと思いますが、イプシロンのトッププレートに対しアリガタ&アリミゾ方式で取り付けていますので、左右
のバランスは微調整が利きますので良いです。ただ、それとひきかえに重心が高くなってしまいます。ひとまずこれで運用する分には問題ないでしょう。
6Dに関しては、カメラマウントのガタが気になりますね。



上から見るとこんな感じです。

3

重量は増しましたが、クランプフリーで操作する感覚では、先述のアリガタ&アリミゾの左右バランスが利く分、取り回しは逆に安定した印象です。
別段、重くなったことによる赤道儀のガタなどは感じませんでした。

ただ、バランスウェイトは1つ購入しなければいけませんね。
あと、各種プレート&パーツのアルマイト処理残分をしばたさんへ。
それに、コーワのフードに乾燥空気用の穴をあけたいです。(フードの買い上げ前提で)


以上、システムの紹介でした。

|

« 6D現像時のカラーノイズ比較 | トップページ | デジカメ天体写真の高画質について »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

お久しぶりです。よっちゃんさん。
なおじゅです。

と言っても、よっちゃさんのブログは、
毎日チェックさせていただいて、今でも勉強させてもらっています。
(コメントの返信が大変だと思って書き込まないようにしていました)

ただ朝からニュースを見ていると、よっちゃんさんの辺も
台風が凄かったようで、少し心配で久しぶりに書き込んでしまいました。
直接的な被害は、なかったでしょうか?
こちらは、朝方25mくらい吹いたようですが、雨はほとんど
降っていないので特に問題ありませんでした。

星とは関係ないコメントで、すいませんでした。
これからも、ブログ楽しみにしていますね!

投稿: なおじゅ | 2013年9月16日 (月) 13時37分

なおじゅさん、こんばんは!

実は今、家族で海外旅行に出ていまして、天体関係
そっちのけで日本を離れています。戻りは23日なん
ですが、滋賀県に避難指示が出ていたとは知りません
でした。ご心配頂きありがとうございます。

来週には帰国し、また天体活動再開しますね。
スマホ持参ですが、今はホテルにwifiがあるので、
普通にネット見れるのがイイですね!

なおじゅさんともご無沙汰していますが、
ご活躍はいつも拝見させてもらってます。
いつもお声がけ、ありがとうございます!

投稿: よっちゃん | 2013年9月16日 (月) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/53257644

この記事へのトラックバック一覧です: システムを組み上げました:

« 6D現像時のカラーノイズ比較 | トップページ | デジカメ天体写真の高画質について »