« EOS 6Dを買いました | トップページ | イプシロン近況 »

2013年8月27日 (火)

IC1805・1848

連休中の2対象目を公開します。
こちらは石川県の白山麓でsloさんとご一緒した際に撮影した対象です。

Ic1805_18481200pix



<IC1805・1848>
2013年8月14日(水曜日)00:25~
ε180ED(500mm F2.8)、FLI ML29050(-25℃)、NJP赤道儀(K-ASTEC改)、β-SGRフォーカサー、Lodestarガイドカメラ+オフアキシスガイド
露出時間:L10分×6枚、RGB各10分1枚を2枚モザイク合成(合計180分)
石川県白山麓にて



以下に大きな画像を貼っています。


IC1805・1848 2000ピクセル画像


リンク出来ない方は、以下のURLをアドレスバーにコピペして下さい。

http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/ic18051848_2000pix.jpg

まだ未処理の画像が3対象もあります。
また気が向いたときに処理を進めます。

|

« EOS 6Dを買いました | トップページ | イプシロン近況 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

よっちゃん、こんばんは。
星雲の色、背景の色とものに調和がとれていますね。
こう広い範囲になると背景の色合いに変化がありますね。
微光星の密度によるものも多いようで背景が多くまた、星が多いところはフラットが決まらないと苦労しそうです。
赤の色はいろいろな赤い色がありますね。
昔、よっちゃんが朱色のような赤がいいと言っていたことがわかります。
朱のような赤から、マゼンタ色のような赤まで、結局赤と緑と青の比率なのでしょうね。

これからの綺麗な赤を出したいですね。

投稿: syoshi- | 2013年8月28日 (水) 17時54分

あ、こんなのアップしちゃ僕の言い訳がウソに思えてきます。
これだけ見てると空の状態が悪かったなんて信じられませんからね(笑)
現場で見てたのですが、やっぱうまくつなげましたね。
流石です。

いつものよっちゃんの雰囲気と何だか違うような気がしてなりません。
何だろね?
でも変わらぬ味は、星が綺麗だと言う事です。

投稿: slo | 2013年8月28日 (水) 22時46分

syoshi-さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
syoshi-さんの影響もあり、最近はカラーバランスに気を使うようにしています。
僕はモザイク専門じゃないので、どうしてもモザイク処理に気をとられて全体イメージを見失ってしまいがちとなりますね。
ただ、今回はモザイクということもあり、プリントが緻密で驚かされました。
そうそう、あとPRO-1がアップグレードしたんですよね、なのでそれに伴いリニューアルされたICCプロファイルを
使ってみたのですが、これがイイ感じでした。自作プロファイルよりも、ワイドガモットつまり広色域領域ですごく忠実です。これは純正プロファイル
ならではの作りこみでしょう。
朱色が好きというか、おそらく強調処理による単色の突出したどぎつさが嫌いなんでしょうね。
なのでGが突出し過ぎていても、同様に感じると思います。一般的には、赤い星雲はデジタルだとBが勝つことが多いので、
強調処理によって、それが嫌らしく感じることもありますよね。ピンク系というか、仰るマゼンタというか。

ただ、上記に述べた考察は作為ある色の情報操作であって、補正作業とは異なる領域となりますよね。
それが例え美しさという点では見劣りする場面があっても、あくまで僕らは作為のない美の再現を追及したいと思っています。
syoshi-さんはまさにその道を駆けていますね、ふぇにるさんも同様です。最近ではsloさんもレベルを上げてきました。
正統派というか、表現難しいのですが大事な要素を見失いたくないなと思います。

再現手法がまず第一前提にありきで、それを踏まえたプロセスを踏んでいくことで、自然とあるべき姿・美しさが浮き上がって
くるという感じでしょうか。作為によって画像操作をすれば、きっとそこからもう数パーセントは伸びしろがあるのかもしれません。
だけど、それは写真という捉え方をした場合に、かりそめの美だという固定観念に縛られてしまいそうです。
きっと、自分の好きなものに対して、良くも悪くも正直なんでしょう。

投稿: よっちゃん | 2013年8月29日 (木) 01時01分

sloさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
sloさんは謙遜なさっていますが、sloさんの先回の洞窟はかなり忠実で偽りのない処理だと思います。
あのエリアはクワガタひっくるめて広く捉えた場合、Bはあの程度量が適正なのだと思います。
そういう意味では、僕の洞窟のBのうねりはある意味、Y系の褐色の海にもう少し沈めた方が正解なのかもしれません。
僕はあの作品では信憑性の高い色見本もネットになかったので、とにかくヒストグラムでRGBを一致させることを
道標に処理してました。それが功を奏してか、ある一定の基準は外さず完成に至りましたが、その反面星域の広範囲で
の色の妥当性という観点ではまだ改善の余地が残されている気がします。
広いエリアを撮像するということは、今後クローズアップ撮影する前段階の取り組みとしても、より星域の見識を
深めることになりそうです。知らないものは分からなくて当然。だったら知ればいい、その場合に広角撮影は有利、という
ことですね。

さて、このIC1805・1848ですが、モザイクが苦手で経験の浅い僕にとっては淡くて難物でした。
赤くてメジャーな対象なので、正直、簡単だろうと思って構えていました。
けど、この対象は赤い星雲の中でもやや淡い部類に入るのではないでしょうか。
カリフォルニアや北アメリカ、あとバラ星雲などはいとも容易に赤が出ますよね。この対象は、そんな感じでもなさそうです。
ただ、sloさんが撮影したあの難物、トカゲ座の淡い赤に比べると若干楽だとは思います。あのトカゲ座の赤い星雲は、相当な難物
になるのではないでしょうか?けど、今回のハート星雲も僕にとっては結構一杯一杯でした。
拡大画像も一応アップしましたが、画質的には結構限界が見えてます。
LRGBでカラーを短時間で効率良く撮影する、というのはウェブ上ではごまかしが利いても、そのままのコントラストでさらに強調し
プリントした場合、どうしても階調減によるリミットに頭打ちとなってしまいますね。
軟調プリントによってそれを上手く見せる方法もありますが、それは単なる「しのぎ」であって、画質的な進歩とは異なります。
ネット上のちょろまかし技法ではなく、真実の画質進化をこの手中におさめたいのですよ。
そう、求めるのは偽りのない真実を写した像。これに尽きます。つまり「写真」ですね。

まぁ、ただ今回モザイク撮影のおかげか、プリントは結構自然でシャープな風合いになりました。
この対象にしよう、と決めた理由の一番は、sloさんが現地で「あぁ、この空じゃvdb○△星雲は無理だ!やめやめ。」みたいなこと
を言ってくれたおかげです(笑)

また一緒に白山麓行きましょう。


投稿: よっちゃん | 2013年8月29日 (木) 01時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/53055654

この記事へのトラックバック一覧です: IC1805・1848:

« EOS 6Dを買いました | トップページ | イプシロン近況 »