« 天体写真処理の指導について考える | トップページ | 180ED用 β-SGRリング到着とオフアキシステム完成 »

2013年7月 3日 (水)

天体画像の初見診断

天体写真作品を見せられたときのファーストインプレッションって大事ですよね。
この瞬間に何を感じるのか、そしてどういう補正をすべきなのか症状を見極める力
が大事ではないかと思います。

今回は、syoshi-さんと互いの天体写真作品を見せ合い、その画像にどういう課題点
があるのかを批評し合いました。
こういうやりとりは、お互いにとっても有意義ですし、公開する価値があると考え
今後出来ればシリーズ化出来ればと思います。

天体写真の画像処理の方針に悩まれる方は、是非ご覧下さい。

|

« 天体写真処理の指導について考える | トップページ | 180ED用 β-SGRリング到着とオフアキシステム完成 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

よっちゃん、こんばんは。もうアップしてくれてありがとう。

聞いてみるとよっちゃんの知識、機能の豊富さ、それに話のうまさに関心をします。
最後の部分から>確かにプリントをしようかという処理画像ですから、非常に細かい
ところの指摘になってしまい、よっちゃんにも聞いてくれている人にも申し訳ない発言だと思いました。

今回のシリーズ?の狙いとなる「初見」って大事ですよね。この「初見」というものに満足できる自分の画像はきっとその自分の処理前のイメージした画像の再現になっているのでしょうね。きっと、後日、いや、数年たっても自分で味わえる画像になっていると思います。

最近、SkyCenterの画像をよく見ます。
すごい口径のRCで撮影をしているようですが、解像度だけでない真っ暗の宇宙に浮かぶきらめく恒星と透明感のある星雲が表現されています。
これらの画像は初見から変わらず惹きつけられる画像ですし、後日何回見ても惹きつけられますよね。

そうそう、会話のbチャンネルの指摘をBチャンネルと混同してしまい話がかみ合わなくなっていました。ごめんなさい。

また、機会がありましたらよろしくお願いします。

投稿: syoshi- | 2013年7月 4日 (木) 00時24分

syoshi-さん、今日は平日でお疲れのところお付き合い頂きありがとうございました。
いえいえ、今回はsyoshi-さんの画像がレベルが高かったのであまり突っ込むことが出来なかったのいうのが実際のところです。
人間のファーストインプレッションの感性って、正直で適切ですよね。
ここでいかに多くの課題点を見つけ、それを改善につなげるかが難しくもあり重要なのでしょう。
SkyCenterの画像はおそらく世界トップのWebサイトで、情報量といい撮影条件といい処理といい一つの到達点ですね。
僕たちは、自分達に与えられた撮影地と機材の範疇でのベストを目指していければと思います。

>また、機会がありましたらよろしくお願いします。

いや、それどころか、僕的にはこの梅雨の時期どんどんやりたいと思っていますよ。
こういう動画を公開する中で、お互いにより適切な初見診断の感性を磨いて行きましょう。

投稿: よっちゃん | 2013年7月 4日 (木) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/52299744

この記事へのトラックバック一覧です: 天体画像の初見診断:

« 天体写真処理の指導について考える | トップページ | 180ED用 β-SGRリング到着とオフアキシステム完成 »