« GS200RC+TOA35RDシステムの紹介 | トップページ | GS200RC+RDピクセル等倍画像公開 »

2013年6月 8日 (土)

みつえ牧場遠征にて

昨夜は、kiriさんH川さんとみつえ牧場へ行ってきました。

先日からご紹介している新RDシステムの実践投入初日となります。

撮影前から皆に、「今日はたぶん試運転どまりで、いきなり作品はものに出来ないでしょう。」

と謙遜して言ってましたが、そういう悪いヨミばかりはしっかり的中します(笑)

まず、天気と透明度が優れなかったこと。

局地的なガスとうす雲のせいで、いつものみつえの空とは言いがたいヌケの悪さ。

これでまずやる気をそがれました。

今日はテストで終わらそうと決意。

そして、Lを撮影してみたのですが、どうも光軸の片側が悪いのと、良像範囲がフルサイズ

最周辺までは厳しそうな結果。

そうですね、作品レベルで安定的に結果を残すなら、CCDの36×24mmを30×20mm

以下までトリミングすべきでしょう。旧EOS-1D系APS-Hつまり28.8×19.2mm

(wikipediaより)程度なら万全でしょう。

ですので、このRDの作品的良像範囲は34~36φといったところでは

ないでしょうか?(フルサイズは43φ)

以下が悪条件下で撮影したペリカンです。

Perican

この画像は上記の良像範囲程度にトリミングした画像です。

光軸のどこかがズレているようで、この画面で言う下側の星像が著しく悪化しています。

逆に、四隅で言えば右上が最もポテンシャルを発揮している星像です。

この星像を四隅で決めることが出来ることが、今のところの目標ですね。

しばたさんにセンタリングスコープの十字線挿入接続環を作製予定なので、これが出来

ないことには、この問題には今のところ立ち向かえません。

おそらく、糸十字をきちんと張ってスコープをのぞくことが出来れば、台座のセンターズレ

なりの症状が判明してくるのではないかと思っています。

ピントをあれこれ調整して星像を見る限り、カメラスケアリングのせいではなさそうです。


中心付近の像が非常に素晴らしいだけに、フルサイズの最周辺はそれに見劣りする

部分があって、どうしてもトリミングを前提とした作品づくりを強いられる感じですね。

あまりトリミングすると、フラットナー仕様の1600mmと同じような画角になりかねない

わけですが、それじゃ意味がないかっていうと、やはりFが8から5.6になるというメリット

は捨てがたいものがあります。

今回の試運転では、まだまだ道のりは遠いなと感じた次第です。

自宅で調整しつつ、前進すれば撮影地に機材を持っていくでしょうが、そうでもなければ

今の梅雨時期の晴れ間は貴重ですので、イプシロンを遠征で使い、自宅ではGS200

を調整というすみわけがベターかなと思っています。


参考までに、フルサイズノートリミングの未処理画像も貼っておきます。

Perican35full


KiriさんやH川さんは、薄明開始して数十分後にはすぐ撤収・帰宅されましたが、僕は

独り機材を出したままで、しばらくこの光軸ズレの原因について考え込んでいました。

結局みつえを後にしたのは、5時過ぎだったと思います。

システムを構築すると、色々と障害がつきものですが、めげずに頑張ろうと思います。

|

« GS200RC+TOA35RDシステムの紹介 | トップページ | GS200RC+RDピクセル等倍画像公開 »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
昨日はお疲れ様でした
このレデューサーはTOA用ですがGS200RCとの周辺湾曲度合いがどの程度違うのでしょうね?
現地で画像を見た限りでは調整によってもっと追い込めそうですよね?
通常では殆どわからないレベルなんでしょうけどパーフェクト撮影をするよっちゃんにとっては許せないんでしょう
御杖村にしては酷い空でしたが、ここまで写るんですからぜひとも調整を完璧にして作品を発表してください

これでまたGS200売れるんだろうなぁ

投稿: kiri | 2013年6月 8日 (土) 20時24分

kiriさん、こんばんは。昨夜はどうもお疲れ様でした。
僕の方はいつもながら現場で格闘していましたので(ここ最近ずっとですかね)、作品の成果はなかったですが、
kiriさんはしっかり1対象ゲットしてましたね。さすがです。
そうなんです、像面湾曲の曲率マッチングがTOAとGS200RCで違いがありますので、そこを探るのは第二ステップになると思います。
まずは、光軸の分からないズレを直したいなと。
しっかり透明度の良い空で、光軸も満足いく状態で3時間ぐらいじっくりと露光してみたいものですね!
昨夜も薄明前は条件がマシになってはきたものの、基本的に低空が霞んでモヤった一夜でしたね。
こんな夜でも、一応は何かしら成果というか不具合の洗い出しで成果があったりするものですが、昨夜ばかりは成果と言えるような
ものはなく、ビミョーな感じです。

投稿: よっちゃん | 2013年6月 8日 (土) 21時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/51960882

この記事へのトラックバック一覧です: みつえ牧場遠征にて:

« GS200RC+TOA35RDシステムの紹介 | トップページ | GS200RC+RDピクセル等倍画像公開 »