« M13 球状星団 | トップページ | GS200RC+TSflat2.5 オフアキシステムの紹介 »

2013年5月20日 (月)

イプシロン180EDvsGS200RC

イプシロン180EDとGS200RCの比較画像を掲載します。

解像度比較がしやすいように、イプシロンは800%・GS200RCは200%で掲載します。


180ed_200rc_hikaku


イプシロンはML16000ですが、アンダーサンプリングです。
対してGS200RC(1600mm)は、ML29050ですがオーバーサンプリングです。

イプシロンでも写る微光星は写っていますが、カクカクしてます。
ちなみに上のGS200RCは10分6枚コンポジット、対してイプシロンは10分1枚画像です。
上下のS/N比は同様に感じるので、6~7倍のハイスピードさが実証出来ていると感じます。
<イプシロン180ED

総括として、「イプシロンは500mmの割にかなり善戦している。」というのが第一印象。
しかし、どんなにイプシロンがシャープとは言え、1600mmもあるGS200RCよりも
シャープだということはないでしょう。

6枚と1枚の比較ということで、イプシロンのハイスピードさの利点ばかりが目立つ比較と
なりました。

拡大率を変えた画像も貼っておきます。

180ed_200rc_hikaku2

拡大率を100%以下で表示すると、液晶モニターの解像度(72or96dpi)に支配
されてしまうので、最低100%以上での比較としています。

|

« M13 球状星団 | トップページ | GS200RC+TSflat2.5 オフアキシステムの紹介 »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

やっぱり良さそですね。
モヤモヤしてたのですが、少しスッキリしました。
ただイプと比べるのは反則ですよ(笑)
それでも焦点距離に応じた性能は十分に見込めそうでホッとしてます。
あとはF8をどう補うか?ですね。
人柱的なRDは恐いなぁ(笑)

投稿: slo | 2013年5月21日 (火) 14時48分

こんばんは こう@ベサメです~
この記事とても興味深い内容です。

あらためてε-180のポテンシャルの高さに驚きました。
微恒星が1ピクセルで捕らえられているので、画素サイズがもっと小さいカメラでも性能を十二分に発揮できる光学系なんですね。

微細に描画できるεに対して最近のセンサでは画素ピクセルの微細化が追いついてないって印象です。 
将来もっと微細画素サイズのカメラが出たらさらに真価を発揮してくれるはず、εはやはり良い鏡筒ですね。

い、いや、今の装備から浮気はしませんよ! たぶん(笑)

投稿: こう@ベサメ | 2013年5月22日 (水) 01時39分

sloさん、こんにちは。いつもコメントありがとうございます。
本当にすっきりしましたか?
イプはカメラの解像度アップによって、さらに向上余地があるでしょうね。

ところで、僕含めほとんどの人は、大抵は微光星の分離とか、そういった部分で解像度比較をするんですよ。

「微光星が分離してるか?つながってるか?」
「あの望遠鏡はつながってるけど、オレのは分離してるぞ。」

とか(笑)
けど、この上下画像を見比べるとそれ以外にも感じるところがありましたね。
たとえば、特定空間に割り当てられるピクセルとそれに付随する色情報・階調情報。
上下写真を見比べると、一目瞭然なんですが、星雲の階調描写にあてられるピクセル数やノイズピッチが
全然違いますよね。これがきっと、広角トリミングと長焦点のクオリティ差を分けるパッと見は分かりにくい
が縁の下の力持ち的要素なのではないでしょうかね?

いや、根拠はないけど、この比較を見てるとそんな気がして。
まぁ何せ、与えられた機材の能力を引き出す努力を惜しまない、そこに尽きますよ。

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 16時18分

こう@ベサメさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
いつもブログ拝見してますよ~。

この比較画像を見て、色々な意見が出てくると思います。
イプシロンの素晴らしさを再認識する比較でもありますよね。
仰るように、カメラの解像度を上げれば、より耐トリミング性が向上するでしょう。
3μm/pix ぐらいまでの小ピクセル化は有意義ではないでしょうか?

そうそう、こう@ベサメさんはTOAをお持ちでいらっしゃいますが、例の新製品は
気になっておられないのでしょうか?
関連各所で、その性能の良さを聞きますよ。

是非!(笑) 

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 16時22分

よっちゃんさん (^^) こんにちは。
南をかすめて行くような対象は撮影好機でもとてもタイトなスケジュールで、枚数を稼ごうとすると2晩3晩と根気を求めてきます。
設計や硝材などの難しい事はあまり解りませんが、明るい筒にはとてもメリットがありそうですね。 あ、でも私じゃ扱いきれないか?(^^;)

あと 縁の下の力持ち的要素というのがとても興味深いです。
よっちゃんさんの今のカメラにいっぱい居る縁の下の力持ち+よっちゃんさんの指揮号令。
そのタッグから生み出される作品はいつも強烈です。(^ω^)

投稿: Qoo | 2013年5月22日 (水) 18時32分

Qooさん、こんにちは。ご無沙汰しております。
コメント頂きありがとうございます。
いやー、参りました。先日から発熱でダウンしています。
昼はちょっと熱が下がったのを言いことに、起き上がってタバコとか吸っていたら
今熱測ったら38.8度もあります。
横になるにしても眠たいわけじゃないし、とりあえず座薬を入れておきました(笑)

暗い筒も明るい筒も、それぞれ扱いの難しさや光量不足の難しさなど、長所短所がありますね。
作品強烈ですか、ありがとうございます。
自分的には、ここ最近はシステム追加の不慣れさなどもあり、ちょっとスランプ気味です。
もっとQooさんに気に入って頂ける写真を撮りたいです、けどまずは風邪を治すことが先決でしょうね(^^;

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 18時37分

さ・・39度近いじゃないですか; コメント返し無しで大丈夫ですので、どうかお休みになってください。

色々あってここ半年ほどご無沙汰してました。
星の牧場2は絶対外せないブログですので、今頃少しずつ過去に遡って記事を読ませていただいてます。 (^^)

一昨日?先一昨日?にkiriさんとT-Fixさんとの対談を拝聴しました。
マニアックなラジオの天文番組があったらあんな感じなんでしょうね?
すっっっごく面白くて、最近やってる画像処理のリハビリ ( ブランクが長かったので ) しながら何回も何回もしつこく聞いちゃいました(笑)
また どなたかとの対談はあるのでしょうか? 面白くてもう病み付きです (^^;)

小さいお子さんもいらっしゃいますし、お風邪 どうかどうかお大事に。

投稿: Qoo | 2013年5月22日 (水) 19時07分

Qooさん、こんばんは。またコメントを頂き感謝です。
ありがとうございます。
ようやく熱が下がってきました。
あとはセキが少々ある程度で、ほぼ通常通りになりつつあります。
この週末で完治を目指して養生したいと思います。

過去記事をご覧になって頂いてありがとうございます。
対談シリーズ、いいですか?
ありがとうございます。
あまりにも皆反応がないから、面白くないのかな?と(笑)
いや、そんなことないですよね。
僕ならきっと、こういうネタって食いつくように聞いてしまいます。
まぁ、僕のトークはともかく、T-FixさんやKiriさんの生の声
を聞いてみたいと思われる方は多いでしょう。
どちらも僕と違い(笑)、人間の出来た温厚で優しい方ばかりです。
それを少しでも感じ取って頂ければ、嬉しいですね。

投稿: よっちゃん | 2013年5月23日 (木) 23時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/51709297

この記事へのトラックバック一覧です: イプシロン180EDvsGS200RC:

« M13 球状星団 | トップページ | GS200RC+TSflat2.5 オフアキシステムの紹介 »