« GS200RCファーストライト(M16星雲) | トップページ | GS200RCを使ってみて »

2013年5月 7日 (火)

M8星雲

昨夜撮影したM8 干潟星雲をアップします。

M8_1200pix








M8

2013年5月6日 0:25~
GS200RC(F8・フラットナー)、ML29050(-30℃)、NJP赤道儀、Lodestarオフアキシスガイド、β-SGRフォーカサー、AstrodonGen2LRGBフィルター
L10分×10枚、RGB各2枚 合計160分
奈良県みつえ高原牧場



中心部のクローズアップは以下です。


M8_triming




フルサイズの四隅、しっかり結像させることが出来ました。
今回は前回のM16と異なり、しっかり不具合なく撮影出来ました。

低空の対象なので、本来の1600mm焦点の威力が発揮しきれていないのでしょうが、
それでも、それなりに見ごたえのある結果になったのではと思います。

今後は北アメリカのメキシコ湾付近とか、網状とか、ペリカン星雲など、より高度があって
シャープに写る対象を狙っていきたいと思います。

こちらは投稿作品扱いとして、星ナビに投稿したいと思います。

|

« GS200RCファーストライト(M16星雲) | トップページ | GS200RCを使ってみて »

天体写真」カテゴリの記事

コメント

どかんと来ましたね!!

これこれ!
これを待ってたんですよ(笑)

しかし驚くべくは、筒代わってもよっちゃん節なんですね~
一目でこれは!って分かります。

僕はこうはならないなぁ…
う~ん…
もっと勉強しなくては。。
筒のポテンシャル120パーセント使い切ってますよね。
次の作品が楽しみです。

投稿: slo | 2013年5月 7日 (火) 20時34分

「弘法筆を選ばず」とはまさにこのことですね。
1600mmもあると迫力ありますね。
まだまだこの焦点でのよっちゃんさんの作品みたいです。

投稿: ほんまか | 2013年5月 8日 (水) 06時39分

よっちゃん、こんばんは。
今起きました。連休の撮影疲れで変な時間に寝てしまいました。
やっぱり、機材の調整。撮影技術。そして画像処理。改めてよっちゃんはうまいな。
今まではM20と一緒に撮影をする写野でしたから天の川の中に浮かぶ星雲を表現すれば良かったのですが、
今回はいかに干潟と言われる様子を表現するかを階調の圧縮の中に輝度差を生かして色彩を強調する(うう、合ってる?言葉を知らないのでごめん)
やっぱり、色彩を強調して星雲のうねりを出せないだろうな。悩んでいます。

今回のR200との撮影勝負は引き分けと言うことですが、画像処理イメージができておらず途中で止まっています。
お互い鏡筒の焦点が伸びて夏の星雲が楽しみになってきましたね。
お互いがんばろうね。

投稿: syoshi- | 2013年5月 9日 (木) 02時14分

こんばんは
この画像を見た時 なんかよくわからんけどすごい って言い方しか出来なくてごめんなさい
でもほんとに予備知識が無くてそれしか言えなかったんですよ
快晴の撮影地でスケアリング調整までやってしまい驚きです
画像もうまくリカバリー出来ていて良いですね

投稿: kiri | 2013年5月10日 (金) 01時19分

sloさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
低空ながらにプリントしてみると、それなりに迫力感があって良好な印象でした。
広角機材のトリミングと比較した場合、空間に対する画素の割り当て量が異なるせいか、プリントなどで特に顕著に差が出るみたいです。

>筒のポテンシャル120パーセント使い切ってますよね。

またまた(笑)
この筒の焦点は、1600ミリであればM33とか、明るくてイプシロンなどでは小さな対象などで威力を発揮するでしょうね。
ML29050と合わせるメリットは感じませんが、逆にデメリットも感じません。
ML11002や16000などで合わせた方が「精神衛生上」では良いのかもしれません(笑)
特定空間に割り当てる画素が多い(オーバーサンプリング気味)ので、シャープ処理や画像復元処理を駆使すれば、広角+トリミングとの
差別化は図れる感触がありますね。イプシロンだとアンダーサンプリングで既にギザギザなので、シャープ処理や画像復元をしても効果が
得られないですから。

イプシロンはこういう対象、GSはこういう対象、という使い分けが出来れば良いですが、まだまだ先は遠い雰囲気ですね。
ただ、このM8はそれなりに良かったと思っています。

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 15時26分

ほんまかさん、大変ご無沙汰しております。
お忙しい中、コメントありがとうございました。
いやー、長焦点というかFの暗さと大気の状態との戦いですね。
レデューサーも見据えて、この筒の一番運用上良い手段を模索したいと思います。
ほんまかさんに応援して頂ければありがたいです。
最近忙しいとのことですが、近々またお電話しますので天文談義に花を咲かせましょう。

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 15時28分

syoshi-さん、こんにちは。コメント頂きありがとうございます。
この勝負、まだまだこれから!と言いたいところですが、なかなかsyoshi-さんの腕前と調整スキルには及びません。
けど、これからこのシステムももうちょっと進化させるつもりなので、次こそは!…と言いたいところですね(笑)
お互い、夏のハチ連泊に向けて、頑張りましょう!

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 15時42分

kiriさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
この画像の特徴は、やはりFが暗いので中心部が飽和せず情報が残っていたため、デジタル現像での多様性を活かせた作品作り
が出来た部分でしょうか。
それ以外には思い浮かびません。長焦点は大変な部分も多いですが、楽しいですね。今後もどんどん使っていこうと思います。

投稿: よっちゃん | 2013年5月22日 (水) 15時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/51523601

この記事へのトラックバック一覧です: M8星雲:

« GS200RCファーストライト(M16星雲) | トップページ | GS200RCを使ってみて »