« Labモードについて2 | トップページ | 「技術」についてアツく語る。 »

2013年3月 7日 (木)

ピークとバラツキの除去思想について

本日はピークやバラツキについての除去思想について、音声のみで語っています。
フォトコンテストについても触れています。
お暇がある際にでも、トークを聞いてみて下さい。


|

« Labモードについて2 | トップページ | 「技術」についてアツく語る。 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

後半の内容はほんとそう思います。
最近の僕のABGでの記事でも何となく触れましたが、綺麗と凄いを一緒にしてはいけないんですよね。
ぱっと見て綺麗かどうか。
分子雲が出てても綺麗なら良いのですが、星やその他を犠牲にしてまでも果たして出す必要があるのか。
僕もそうですが、チャレンジャー精神でやってる以外なんもないんですよ(笑)
内輪でこれどうだ!凄いだろ!
そうそう、マスターベーションって大事だと思います。
なんか求めたくなるんですよね~

いかんです、冷静に写真として見れるかが大事ですね。

投稿: slo | 2013年3月 7日 (木) 17時31分

sloさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね、奇麗とスゴいが同居していれば、他人も自分もハッピーとなるのでしょうが
なかなかそういう状況ってないものですね。
所詮日本で得られる画像素材や撮影時間、と考えると、結局のところこのスゴいと奇麗の
どちらか(もしくはその中間)の選択を余儀なくされるというのが実際のところでしょうね。
sloさんは常々、美しさを念頭にこの趣味と向き合っていると僕は感じていますので、
逆にもっとスゴみを持たせてもって思いますけどね(笑)

>そうそう、マスターベーションって大事だと思います。
なんか求めたくなるんですよね~

え?
好きなんですか?(笑)

投稿: よっちゃん | 2013年3月 8日 (金) 00時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/50627919

この記事へのトラックバック一覧です: ピークとバラツキの除去思想について:

« Labモードについて2 | トップページ | 「技術」についてアツく語る。 »