« FLI ML29050モノクロ冷却CCDカメラのご紹介 | トップページ | ピークとバラツキの除去思想について »

2013年3月 6日 (水)

Labモードについて2

天体画像処理ムービーを久々に公開致します。

本日は、前回の続編ということで「Labモードについて2」と題しています。
見極め手法がメインの感覚的な話ですが、興味ある方は是非ご覧下さい。
<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです



|

« FLI ML29050モノクロ冷却CCDカメラのご紹介 | トップページ | ピークとバラツキの除去思想について »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

続編を作成していただいたのに、ちょっと忙しくてじっくりみることができなかったのでコメントが遅れてしまいました。
今回の続編でなんとかLabモードの見方が少しは判ってきたような気がします。
エクセルを使って今からどんな話をされるのかと示していただいたのもわかり易いです。
しかし自分の画像で試してみると、元画像のつたなさのために、このお手本のように明瞭でないですね。つまり処理の修正が必要ということです。
最後に予告されているようにさらなる続編をお願いいたします。

投稿: いーぐる | 2013年3月10日 (日) 10時28分

いーぐるさん、こんばんは。コメントを頂きありがとうございます。
彗星で盛り上がるはずの時期ですが、春霞や黄砂・PM2.5などの悪条件や彗星自体の光度も芳しくなく、
全体的なムードもやや低調になっていますね。
私も私で今月は機材改造のためパーツを全てあずけていまして、どちらにしても撮影は出来ない状態です。
なので、今のうちにと、赤道儀や接続リングの植毛紙貼りなどをやっていました。

Labモード内で具体的にどういうコマンドを使うか、ということについても後日触れたいと思っています。
画像処理をするような素材もないし、なかなかそういうムードでもないのでしょうが、皆さんのタイミング
を見計らってまた再開させるつもりなので、宜しくお願いします(^^

投稿: よっちゃん | 2013年3月10日 (日) 19時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/50442298

この記事へのトラックバック一覧です: Labモードについて2:

« FLI ML29050モノクロ冷却CCDカメラのご紹介 | トップページ | ピークとバラツキの除去思想について »