« 大津科学館でプリント展示 | トップページ | スパイダーマスクを作りました »

2013年3月24日 (日)

乾燥空気システム完成&ε180ED穴あけの儀

乾燥空気システムが完成したので、その紹介と、イプシロン180EDの鉄筒(特注
2.3mm)に穴あけをしている様子をご紹介しています。

|

« 大津科学館でプリント展示 | トップページ | スパイダーマスクを作りました »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

ホームセンター大好きでしょ(笑)

しかしこれ完成度高いですね。
これだけ容量あれば5連泊くらいは全然余裕でいけそうですね。
だめならコンビ二でチンして貰いましょうか?(笑)
ダンボールで周りを覆うのは素晴らしいですね。
紙って物凄く吸湿しますし、それ自体でも効果があり、さらにシリカゲルを助ける役割と2重で効果発揮ですね。
100均の竹炭なんか入れてみても良さそうな気がします。

屈折だと気にならなくても、容量の大きい反射だとこれくらい必要なんでしょうね~
僕も作ってみようかなっと…

投稿: slo | 2013年3月25日 (月) 21時41分

sloさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。
ホームセンター、そんなに好きじゃないですよ。
工作って、苦手だし、工作をする環境にもないので、つい敬遠してしまいます。
どちらかと言うと、出来合いの製品を金出して買ってしまう方が性分には合ってます(笑
ただし、身分的には不相応ですが…。

フライパンで炒めるのがいいのでしょうが、コンビニでチン!したら…怒られそうですね!(笑
そうなんです、イプシロンなどの反射筒はゴミ箱のデカイのみたいに容積が大きいので
屈折のようにチョロ流しやヒーターオンリーですと、どうしても季節によってはしのげない
場合が出てきます。ご経験あるでしょうが、ケースや鏡筒もろともがズブ濡れになるような晩ですね。
夏とか秋かな~、ああいう日は確実に目に見えなくともイッてますね。

このシステムなら、そんな日も安心でしょう。

投稿: よっちゃん | 2013年3月26日 (火) 23時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/50915008

この記事へのトラックバック一覧です: 乾燥空気システム完成&ε180ED穴あけの儀:

« 大津科学館でプリント展示 | トップページ | スパイダーマスクを作りました »