« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

光軸調整結果の報告

syoshi-さんのアドバイスを元に、前回ムービーで公開したパーフェクトフラットの設定の
ままで撮影してみました。もちろんカメラのCCDスケアリングはレーザーで粗調整済みです。

ML29050の画素数をJpg化するとyahoo!ジオシティーズのUP制限5MBの縛りもあって
高画質で公開出来ません。
そのため、1200万画素相当までリサイズしています。
1200万画素ってことは、STL11000のピクセル等倍よりは拡大してるってことですね。

以下がその画像です。(デジ現はかけてません)

ML29050_自宅光軸テスト(ガイド有L20s露光)_4274×2850pix(1218万画素相当)ノートリミング

うまくリンク先にトベない場合は、下記URLをアドレスバーにコピペして下さい。
http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/130224_20s.jpg


今日はイマイチすっきりしない空で、北から雲がどんどん流れてきて星像もにじみ気味でした。
一応、以前のクセはもうなくなっていると思うのですがいかがでしょう?

ただ、空の状態も良くないし短時間露光なのであくまで参考画像ですね。
全体的に星像が甘い印象であることは否定出来ません。
syoshi-さん、ふぇにるさん、もっとイプの微光星はシャープだよね?

とりあえず、3月のアンタレスなどに向けたセッティングはこれで一応ひと段落ってところ
でしょうか。現時点ではまだふぇにるさんはもちろん、syoshi-さんのレベルには到達しきれ
ていないようなイメージがつきまといますが、それでもこれぐらいなら十分戦えると思う!
勝っている!とはまだとても言えないけど、今のところまだ手が届く範疇にはいると思うな。

この鏡筒も、かれこれもう5年目になるので、いい加減安定的に結果が残せるようにしたい
もんですよね。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

フィルターボックスと鏡筒バンドを買いました。

今回は動画2点です。
フィルターボックスと鏡筒バンドを買ったレポートをしています。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです


iPhone4Sにて動画撮影

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年2月22日 (金)

オフアキを買いました。

TSG-OAGというオフアキシスガイダーを買ってみたので、そのレポートです。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです


iPhone4Sにて動画撮影

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月17日 (日)

スケアリング調整方法(レーザーコリメーター使用)

以前にも公開しましたが、本日ML29050カメラのスケアリングの再調整にあたり
解説と補足情報をムービー化しましたので、公開します。

センサーの傾き起因でのスケアリング不良にお悩みの方や、これから新規に冷却CCDカメラやデジタル一眼レフカメラを本格導入される方、是非ご参考にして下さい。

<注意!!>
コリメーターの取り付け時、落下には細心の注意を払って下さい。
落とすとカメラに直撃します。
コリメーター取り付け時は、作業をしやすいように台にのぼり、片手でコリメーター
を保持した状態で取り付けを行って下さい。出来ればその際カメラは真下に置かない
方が無難です。



<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。


| | コメント (11) | トラックバック (0)

2013年2月15日 (金)

パーフェクトフラット?

ついにやった!!
パーフェクトに近いフラット画像が撮れましたので、自慢しています。
途中(タイムコード21分30秒以降ぐらい)、ヒートアップし過ぎてオーバーフロー気味です。

32分も喋り続けているので、まぁ金・土曜日の晩などにゆっくりご覧下さい。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年2月14日 (木)

CCDセンサーの感度特性分布について

先日のフラットの偏りについて、カメラの感度特性が原因かという意見を目にしたの
で、実際に試してみました。ちなみに、これは以前にも試したことがあります。
方法は、カメラをダイレクトにEL板に押し付けて撮影します。
ただし、迷光の入らない暗室でカメラを回転・スライドさせながらの露光です。
これにより、極力EL板起因の光量バラツキを排除します。

Dpp07dd020e0e2730



結果が、以下の画像です。

Directflat16comp

光学系を全く通さないダイレクトなセンサー感光分布イメージですね。
上下の落ち込みは、おそらくウィンドウに貼っているヒーターの影響でしょう。
このときの等高度曲線は以下です。


Direct_toukou

やや右によってはいるのですが、まばらで分かりづらいですね。
僕は以前、シグマの150ミリF2.8マクロレンズのフラットに感動した覚え
があります。あれこそ、完璧なフラットフレームでした。
以下にフラット画像を掲載します。 

Bflat32compsigma150



Sigma150_toukou


もちろんこの左右ズレのない完璧な曲線も、ML29050で得たものです。

これらを見ると、やはりCCDセンサー起因での感度特性分布によるものだ、とは
断言出来なさそうですね。
以前このフラットを見たときも、やっぱり同様に思ったものです。
「やっぱりカメラが犯人ではなかったか…」と。
とりあえず、光軸調整については引き続き前進あるのみ。
後退や中止する理由などは、どこにもありません。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

光軸調整について熱く語る

久しぶりのムービー公開です。
今回は画像処理ではなく、イプシロン180EDの光軸調整について語っています。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年2月11日 (月)

イプシロン180EDの星像近況

先程遠征撮影にみつえ牧場へ行ってきたのですが、結果強風と雲のため退散。

強風でガイドが突発的に暴れる状況ではあったのですが、光軸は自分レベルでは良好でした。

以下、すべてL10分1枚画像です。

1200pix


ピクセル等倍(中央)

Tri_center

強風のせいか、やや東西に暴れた影響が見られますね。

それでも、Fitsで上がってくる素材はドライでシャープな星々でした。

今夜は久々の割に、光軸を決めた実感があったのです。

ちょっと先日、光軸調整友の会でふぇにるさんより大きなヒントを得たので。

それを実践してみたというわけなんですよね。




右下最周辺のピクセル等倍が以下です。

Tri_corner

フルサイズ最周辺ですよ。

レベル補正とDDPだけで、ここまで燃える木が分解するイプシロンは素敵です(笑)

一応、以下に全体の超拡大画像(2900万画素の50%サイズ)も貼ってます。

http://www.geocities.jp/yottyan_cryyagi/m78-003L-1.jpg


やはりイプはスゴイ、と思った一日でした。

上手くいった日などは、現場で画像が上がってきたときに「スゴイ!」って言うよりも、

逆に「どうして?」って疑問に思ったりします。

どうして、こんなにこの鏡筒はスペシャルなんだ?って。

なのに、どうしてその割に(海外含め)大勢が使わないのだろうって。

「シビアで扱いにくいから」

ってよく言われますよね。

うん、たしかにこの鏡筒で100点満点をとるのは不可能に近いかもしれないです。

けどこの鏡筒、80点や70点でも、十分凄いんですよ。

けど今回のように90点近くなってくると、さらにそこで驚く。

その繰り返しでしょうか。

今までいくつかの望遠鏡を扱ってきましたが、この鏡筒だけは手放してはならない!

って、いつも自分に言い聞かせてます(笑)


…と、今更イプシロンを褒めてみましたが、実は僕の目は今別の筒に向いています。

2月に入ってから、更新がストップしたのも100%そのせいです。

今は水面下であれこれやってますが、そのうち報告出来たらと思います。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »