« レイヤー効果補足 | トップページ | チャンネル減算マスクについて »

2013年1月 8日 (火)

レイヤー効果の実使用例

昨日ムービー公開した「レイヤー効果」における、天体写真での実使用例をご紹介しています。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。


|

« レイヤー効果補足 | トップページ | チャンネル減算マスクについて »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

初めまして。5Dと申します。
以前からそちらのブログを拝見していました。

今までの動画のアップには大変感謝しています!ありがとうございます。
これまでネットで手探りしながら処理方法を探していたのですが、
動画での丁寧な解説は本当に分かりやすいです。
何度も見直して自分の物になるよう身に付けたいと思います。
毎日楽しみにしています。
今後も是非よろしくお願いします。

投稿: 5D | 2013年1月 9日 (水) 02時05分

いつも楽しく拝見させていただいております。
昔よっちゃんさんがレイヤー効果についてブログで書かれていたと思いますが、
緩衝幅の設定が分からず使いこなせていませんでした。
前の動画も含めて、使い方がこれで分かりました!有難うございます。
マスクとの使い分けが難しいですが、星雲だけでなく
暗黒帯のディティールにも影響を与えたくない、ノイズ処理には特に役に立ちそうです。
(ちなみに、上のコメントは私の後輩です。私共々よろしくお願いします~。)

投稿: hana | 2013年1月 9日 (水) 19時05分

5Dさん、初めましてこんばんは。ご訪問とコメントありがとうございます。
hanaさんのお友達なんですね、お若い方が天体写真に傾倒するのは喜ばしいことですね。
動画を分かりやすく作るのは難しいですが、作っている僕としても手順などを振り返ること
で勉強になっていますので、やっていて楽しいです。
今後もお付き合い頂ければ嬉しいです。
どうぞ、宜しくお願いします!

投稿: よっちゃん | 2013年1月 9日 (水) 20時57分

hanaさん、こんばんは。コメントを頂きありがとうございます。
photoshopは選択範囲つまりマスク併用の自由度が高く、本当に便利なソフトですね。
天体写真をやる方にとってはブラシでお絵描き、というイメージもあるかもしれませんが
知れば知るほど良く作られているソフトだと思います。
やっぱり開発にかけている費用が通常の天文ソフトとは違いますもんね。
一昨日、健康奉仕さんよりお電話を頂きました。
彼はhanaさん達が今年本州へ戻られることを楽しみにしているらしいです。
察するにhanaさんは後輩の面倒見が良く、この業界を今後どんどん盛り上げる存在では
ないかと思っています。本州は空がそちらよりも明るいですが、季節問わず色々な撮影地
に赴きやすい利点もあります。僕はhanaさんほどお若くはないですが、今後も長くこの
趣味を続けて行くと思いますのでどうぞ、宜しくお願い致します!

投稿: よっちゃん | 2013年1月 9日 (水) 21時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/48659233

この記事へのトラックバック一覧です: レイヤー効果の実使用例:

« レイヤー効果補足 | トップページ | チャンネル減算マスクについて »