« チャンネル減算マスクについて | トップページ | 久々の遠征撮影 »

2013年1月12日 (土)

アンドロメダについて語る。

本日はアンドロメダを題材に、写真について思う魅力についてトークしています。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。


|

« チャンネル減算マスクについて | トップページ | 久々の遠征撮影 »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。アンドロメダの中心部の飽和部分は、SIのデジタル現像一発しか、飽和をコントロールする方法がわからなかったので、上手く行くはずも無く、飛ばしてみたり、眠くなってみたりでした、今年も撮影するでしょうから、今から楽しみです。

投稿: sekita | 2013年1月12日 (土) 06時29分

画像処理ムービー!素晴らしい取り組みですね!
これまでCANPの様なところでしか拝見できなかったよっちゃんのテクニックが自宅に居ながら、しかもじっくりと学べるなんて!!
自分の空いてる時間にCANP以上の内容が学べてしまう・・略して、空きCAN? 
・・・失礼しました m(_ _)m

ちょっとバタバタしていて、まだじっくりと拝見できてないのですが(すみません)、レイヤー効果など、凄く役立ちそう・・
後日、最初の方から遡って勉強させていただこうと思います!

投稿: uto | 2013年1月12日 (土) 20時56分

sekitaさん、こんばんは。コメントいつもありがとうございます。
撮影やら処理などで手を取られ、すっかりお返事が遅くなりすみませんでした。
オリオンでもM31でも、中心部をトバすトバさないって方向性自体はどちらでもいいと思うのですが、
光の美しい輝きが出せればって思いながらいつも処理しています。
今年も僕も撮影しますが、それまでに腕がちょっとでも上がっていればと思います。特に撮影関係で…。

投稿: よっちゃん | 2013年1月14日 (月) 23時52分

utoさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
そうですね、CANPなどで行う講演そのままで何度も再生出来るところがいいですよね。
なので次回からのCANPは、出来る限り人との交流を重視した参加にしたいと思っています。

投稿: よっちゃん | 2013年1月14日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/48709426

この記事へのトラックバック一覧です: アンドロメダについて語る。:

« チャンネル減算マスクについて | トップページ | 久々の遠征撮影 »