« 次の新月期に向けて | トップページ | <中級編>レイヤー効果について »

2013年1月 6日 (日)

ヒストグラムと彩度レイヤーについて(初級編)

数日間が空いてしまいましたが、画像処理ムービー再開です。
本日は、ヒストグラムと彩度レイヤーを用いたカラーバランスの見極め方法について解説しています。初級編の小ネタです。

<鑑賞方法>
まずは再生マークをクリックし、動画右下(全画面)をクリックして下さい。(ない場合はyou tubeボタンをクリック)
次に画質マーク(右下4番目)をクリックして1080pで拡大表示すれば、一番奇麗に見えるようです。

|

« 次の新月期に向けて | トップページ | <中級編>レイヤー効果について »

画像処理」カテゴリの記事

コメント

為になる情報を、いつもありがとうございます。
彩度を100%にして色を強調するのは、時々見かけて知っていましたが、どの色を補正すべきか?言う点で引っかかっていましたが、ヒストグラムを併用して、客観的に補正すると言う所までには、至らず、何処か変な画像ばかりで、困ったものです。

月も大きくて、之と言って何もなさそうだった、正月休みが、よっちゃんさんの、ムービーのお陰で、凄く充実した連休になりました。私も明日から出勤で忙しくなりますが、これからの天文活動が楽しみになってきました。

投稿: sekita | 2013年1月 7日 (月) 00時05分

こんにちは、よっちゃんさん。なおじゅです。

年末年始は、ばたばたしてネットを見る暇がありませんでしたが
なんと画像処理ムービーを再開しておられたのですね。大変うれしいです。
全てダウンロードして永久保存版にしますので、ぜひ100本を
目指して頑張ってください(笑)

あと、既にお気づきかもしれませんが、何と二度目の最優秀に
選ばれてしまいました。これもよっちゃんさんのブログとプリンターの
おかげです。ありがとうございます。ただ、月縁の処理に課題が
残ると今回は指摘されました。何となく言わんとしていることは分かるのですが
よっちゃんさんは、どのように思われるでしょうか?
私は、シャープ処理の弊害か、縁取りのようになっている箇所が
部分的にあることかな?と思ったのですが・・・
雑誌だと少し分かりにくいかもしれませんが、よっちゃんさんに
批評をもらえると大変うれしいですし、参考になります

遅くなりましたが今年もよろしくお願いします

投稿: なおじゅ | 2013年1月 7日 (月) 12時30分

sekitaさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いつも画像処理ムービーをご覧頂き感謝しています。
彩度レイヤーは背景のニュートラルグレーを見極めるには格好の手法だと思いますよ。
ヒストグラムも同様で、PSには色々と手がかりとなるツールが沢山あるので便利ですよね。
sekitaさんもHPなどをお持ちでしたら、またご紹介下さいね。

投稿: よっちゃん | 2013年1月 7日 (月) 18時48分

なおじゅさん、こんばんは。コメント頂きありがとうございます。
いやー驚きました。ついちょっと前に最優秀取られたと思ったら2回目ですか!
私も5日に和歌山で知りあいが買った天文雑誌で見てすぐ分かりました。
おめでとうございます!奥様も元気そうで何よりです。
夫婦お揃いで写真が好きなんだというのが伝わってきます。

選者の評についてですが、誌面で見る限りでは課題点が見つかりませんね。
おそらく選者がA4プリントを直接見て感じた印象なのでしょう。
おっしゃるようにシャープ処理の弊害の縁取りなのか、もしくは欠け際暗部のトーン
なのか。誌面では素晴らしいとしか言えず全く分かりません(笑)
ローキーな仕上がりにしたことで、シャープ処理とモザイク合成の効果を最大限に引き出した
見ごたえのある作品ですね!月面は奥が深く、僕にはちょっと分からない部分が多いのですが
この作品が美しく見事であることは良く分かりますよ。
PX-5500が2度も最優秀を射止めたことも、喜ばしい限りです。

投稿: よっちゃん | 2013年1月 7日 (月) 18時57分

こんばんは、古いPhotoshopしか持っていないのですが、自分が画像を彩度を上げてみて見たら、見た目に変なのは、彩度を上げると一目瞭然と言う感じで、だめだめが、丸見えです。

HPではないのですが、昨年12月からですが、ブログを始めたのですが、お察しの通りで、文章が苦手で殆ど手付かずの状態ですが、教えてもらったことを、実行すべく、やっていこうと思っています。

アドレスはこちらになります。
http://sekita.cocolog-nifty.com/pleiades/

投稿: sekita | 2013年1月 7日 (月) 22時51分

sekitaさん、こんばんは。ブログのご紹介ありがとうございます。
ココログを開設されたのですね、拝見するに非常に良いセンスをお持ちではないかと思います。
機材も色々お持ちですし、是非今後画像処理の安定度を身につけ、良い作品を披露して頂きたいと思います。
今後も訪問させて頂きますので、どうぞ宜しくお願い致します。

投稿: よっちゃん | 2013年1月 8日 (火) 01時15分

こんにちは、よっちゃんさん。なおじゅです

> いやー驚きました。ついちょっと前に最優秀取られたと思ったら2回目ですか!
本人もびっくりするくらいなので、もっとびっくりされたことでしょう(笑)
3回目はさすがに当分ないでしょうが・・・。何年かがかりで今度は頑張りたいです

> 夫婦お揃いで写真が好きなんだというのが伝わってきます。
そうですね。一応妻が撮影した写真が2013年の1月号の星ナビにでています
時々ですが、新聞やカレンダーに採用されたりなかなかの腕のようです

> おそらく選者がA4プリントを直接見て感じた印象なのでしょう。
そうなんでしょうね。でもバラ星雲の時の評とおなじく
微妙なコメントなので、意図が完全には分かりません
まあ、その辺は自分自身でレベルアップして見つけなさいと
いったところでしょうか

> 月面は奥が深く、僕にはちょっと分からない部分が多いのですが
> この作品が美しく見事であることは良く分かりますよ。
美しい作品を連発される、よっちゃんさんに少しでもほめてもらえるとうれしいです
確かに星雲ほどではないですが、月面も意外と奥が深くおもしろいです
あとモザイクといっても1時間もあれば撮影できるのもうれしいです

> PX-5500が2度も最優秀を射止めたことも、喜ばしい限りです。
本当にPX-5500は、いい仕事をしてくれます。ディスプレイそのままが
印刷されるといった感じで非常に楽です。あとA3なのにコンパクトなので
とても気に入っています。同レベルで小さな機種がでないかぎり、
もし故障しても可能なかぎり修理してでも使うつもりです

投稿: なおじゅ | 2013年1月 8日 (火) 09時09分

なおじゅさん、再びコメントありがとうございます。
最優秀は良い記念ですよね。
親族皆さんで雑誌に載りましたし、この趣味をやる上での1つの大きな成果とも言えるのではないでしょうか。
次はなおじゅさんではなくて、奥様では?(笑)
PX-5500をこれだけ活用して頂けるとは嬉しい限りです。
僕も今あるプリンターをもっと活躍したいと思います!
本当におめでとうございました!

投稿: よっちゃん | 2013年1月 8日 (火) 20時03分

こんにちは。
天体写真のPSレイヤー処理手法について、これまで断片的で漠然とした
情報に基づく知識しかなく試行錯誤状態でした。
今回のレイヤー効果に関する手法紹介は、初心者の私にも痒いところに
手が届くほど分かりやすく解説されており、大変ありがたく感謝いたします。
解説ムービーを作成される時間と労力、それと惜しみない情報開示を考えると、
申し訳ないやら、有り難いやらです。

投稿: 通行人 | 2013年1月 9日 (水) 08時34分

通行人さん、こんばんは。コメントを頂きありがとうございます。
ビデオをご覧頂いて感謝しています。
私も昔レイヤー処理を覚えるまでは単体でトーンカーブを使ったりしていましたが、
調整レイヤーを覚えることで、だいぶ処理の幅を広げることが出来ました。
解説ムービーは作っていて楽しいです。自分自身色々と学ぶこと・気づかされることが
あります。今後もちょっとずつ充実させて行きたいと思いますので、どうぞ宜しくお願いします!

投稿: よっちゃん | 2013年1月 9日 (水) 21時16分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/48628107

この記事へのトラックバック一覧です: ヒストグラムと彩度レイヤーについて(初級編):

« 次の新月期に向けて | トップページ | <中級編>レイヤー効果について »