« タイピングランキングに挑戦(その2) | トップページ | <初級編>Labモードについて »

2013年1月30日 (水)

新型iPadはWeb世界の新たな色基準か

新型第4世代iPadは、インターネットWeb世界の新たな色基準ではないかと最近思う。
カラーマネジメント観点で言えば、第3世代のものがsRGB6500Kに準拠しており、まさに
Webどんぴしゃだったわけだが、青白いモニターに慣れた一般人には「黄色い」と評判が
良くなかったらしい。

私自身はiPad4を持っていないのだが、両親や姉のタブレットを見るにつけ、いつもそれ
を感じていた。色域も初代のものと比較して拡大し、ガンマは2.0~2.2程度か。
色温度は初代7100Kだったものが第3世代でいったん6500Kまで下がり、4最新型になり
その不満の声(本来はこれが標準なのだが)に応えるべく、より中庸的な6800Kとしてい
る。この中間取りの落としどころがさすがアップル、絶妙だ。

MacBookRetinaは、もちろんパソコンなのでキャリブレーションすることでこれらタブレット
端末のガンマ・色温度・輝度を正確に再現(マネ)することが可能だ。
けど、逆に言えば、そういった調整によって七変化を示すPCモニターというのは、使う
ユーザーによって大きく状態が異なり、色基準のモニターとみなすには難がある。
PCモニターというのは、互いに設定ターゲット値を開示し合わなきゃ「基準」とは言えな
いのだ。

しかし、iPadなどのタブレット端末は、逆にそれ(キャリブレーション)が出来ない。
購入時に与えられた色温度・γ特性を、イヤでも受け止めなけりゃならない。
けど、だからこそ、Web界での色基準となりうるのだ。

この新型iPad4でユーザーが唯一行うべき調整は、輝度のみ。
それ以外のガンマや色温度については、まぁ言ってみれば世界中どのiPad4も一緒。
そこについては、何の迷いも無く信頼しきってしまって良いのだ。

私はナナオのCG211という当時としては高価だが、今となってはやや時代遅れの
IPS_sRGBモニターを使っている。かといってプリントのシミュレーションをするには最適
の機材。前回ばら星雲の最終仕上げに用いたのも、結局はこのCG211だった。
マックブックレティナノートも活躍させたかったのだが、今のところまだ画像処理最終
判断の本格使用にまでは踏み切れていない。これは次回の課題だが期待は大きい。

やや脱線したが、
私がこの記事で何を言いたいかというと、それは
「iPad4は新たなWebの色基準。だから、PCモニターはその表示特性を真似るべき」
ということ。けど、かといって真似たプロファイルを常用しろと言う訳ではない。
真似たプロファイルを1つのモードとして、さっと必要な時に取り出せるようにしておけば
いいのだ。何なら、「iPad4.icm」という名前にしてもいい。
確認に必要な時だけ、擬似iPad4を引っ張り出してくればいいのだ。

キャリブレーターという良い機材が、今は安価に入手出来る。
これを使って、お使いのPCモニターを測色しICCプロファイルを生成させるのだ。
プリントする場合は、いつものD50なりの環境でも何でも構わない。
問題はWeb掲載するとき。
iPad4の表示特性はおそらく、6800K_γ2.0~2.2。輝度は120cd辺りをターゲットにすれば
無難だろう。

こうしてキャリブっておけば、あなたのモニターは世界中で多くの人が閲覧する端末の
表示環境をそっくりそのままコピーしたことになるわけ。

プリントのカラーマッチング観点は度外視した意見だが、これはこれで有意義だろう。
それほどまでに、これらiPhone含むタブレット端末は勢いを増しているのだ。

Gamma1200pix_3

ただ最後に注意点。
iPad4は確かに基準になり得るが、それが全てでもない。
私らのように、色に多少こだわりを持ち自宅で電子暗室を構えている人らの目線も
想定しておかなければならないのだ。
結局のところ、両者のブレンド比を何十%にするかってことになるかとは思う。
美は常に、両端ではなく中間にある。
だからこそ、奥ゆかしく面白い。

|

« タイピングランキングに挑戦(その2) | トップページ | <初級編>Labモードについて »

カラーマネジメント」カテゴリの記事

コメント

ポチッといきますか?
でも画像のSN悪いのが目立ちます
ノイズ処理を研究しないとあきませんわ

投稿: kiri | 2013年1月30日 (水) 15時27分

kiriさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ははは、kiriさんにポチらせた張本人ですが、ポチはしませんよ。多分(笑)
すでに両親・姉に2台プレゼントしてますしねー。
欲しいというよりも、「あぁ、基準なんだなぁ。」って、そんな感じなんですよ、うん。
画像のS/N、あぁそうですね。
今までの画像の荒れが見えてくるでしょ?(笑)

投稿: よっちゃん | 2013年1月30日 (水) 23時21分

よっちゃんさんこんにちは。iPadは私もほしいなといつも思っています。電気屋さんで展示しているものをいじっていて、とても使い勝手がいいなと思っていました。retinaのものは画面も大きくて画像がきれいで、これがあったら毎晩ベッドでネット三昧だろうなと思います。PCとちがってどこでも持ち運びできて、気軽にいじることができるのが最大の魅力です。スマホもいいでしょうが、やはり画面のサイズからしてiPadのほうがずっと快適でしょうね。

買いたい買いたいと思っていますが、まだ買えずにいます。いつかは手に入れたい代物です。

投稿: 松林@おいらせ | 2013年2月 1日 (金) 08時34分

松林さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
松林さんはスマホはお持ちみたいなので、iPadはすんなり慣れてしまうでしょうね!
そうですね、写真はやっぱり大きく鑑賞したいものなので、僕らみたいな趣味を持っている人はiPadの方が
満足度が高いかもしれませんね。

投稿: よっちゃん | 2013年2月 2日 (土) 23時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/49041321

この記事へのトラックバック一覧です: 新型iPadはWeb世界の新たな色基準か:

« タイピングランキングに挑戦(その2) | トップページ | <初級編>Labモードについて »