« 本日の冷凍庫事情 | トップページ | 遠征したけど… »

2012年11月11日 (日)

欲しいもの(その1:TS-E24mmF3.5LⅡ)

僕が今猛烈に欲しいもの2つを紹介します。
まず1つ目は、TS-E24mmF3.5LⅡ(新型ですよ)。

Mfdhood


僕は、yahooブログの「星の牧場」で何度もこのレンズのことを絶賛してきましたが、知れば知るほどこのレンズは『神』だ。

その神っぷりを海外の比較サイト画像をお借りしてGIFアニメ比較してみた。

比較対象は、
・TS-E24mmF3.5LⅡ(神レンズ)
・EF17-40F4L
・EF16-35F2.8LⅡ
・TS-E24mmF3.5L(旧型)
・EF24mmF1.4LⅡ

です。いずれもLレンズの上位製品。
これらをブッチぎる実力を見て頂きたい。
ちなみに17-40以外は全てF3.5絞りでの比較です。


まずは馴染み深いEF17-40F4Lから。
このレンズだけF4での比較です。(神レンズはF3.5)
2秒ごとに両者の画像が切り替わります。

Vs1740

このEF17-40F4Lというズームレンズ、以前持っていましたが一般撮りでは結構重宝していました。
けど、ご覧の差です。
EF17-40F4Lの解像の低さと倍率色収差による色付きが気になります。



次に、EF16-35F2.8LⅡです。
発売されてから5年経つものの、一応キヤノンが考える最新の広角ズームですね。

Vs1635
EF17-40と比べ、こちらは倍率色収差の発生は少ないようです。
価格差からして、当然かもしれません。
それでも、やっぱりTS-E新型とは雲泥の差があります。
ズームレンズではこの神レンズに太刀打ち出来ないことが分かりました。



そして次に、旧型のTS-E。
TS-E24mmF3.5(旧型)との新旧比較です。

Vsoldtse

旧型とはいえ、さすがにL単だけあって解像力はそこそこか、と期待してはいたものの、16-35mmF2.8LⅡと同等程度の解像そして倍率色収差はそれより悪い印象です。
倍率色収差があるレンズで星を撮ると、デジカメの場合RGBの星がダンゴ3兄弟状態になりRAW現像ソフトの世話になるわけです。
対して冷却モノクロCCDのLで撮った場合は、3色全部の波長を拾うので周辺の星は細長く伸びて写ります。
この旧型レンズも、星を撮ったら周辺で星が伸び伸びになってしまうことが容易に想像つきます。
これを嫌う場合モノクロ冷却CCDユーザーはL抜きのRGB3色合成でひたすら枚数稼いでいくしかありません。
さすがにこの旧型レンズは設計が古いのかもしれません。


そして、最後はこれ。
皆さん、一番これに期待されているのではないでしょうか?
EF24mmF1.4LⅡ、キヤノンが考える最高級単焦点レンズです。
さて、TS-E24mmF3.5LⅡと比較してどうか?

Vs2414

さすがに大口径単焦点のLレンズ最新型だけあって、他にあげたレンズよりは健闘しているようですね。
開放F値が1.4ですが、そこをあえてF3.5に絞って解像アップを期待した比較ではあるのですが、それでもまだまだTS-E24mmF3.5LⅡの超解像っぷりには及びません。


F3.5と暗いですが、開放からいきなりシャープ。
他の大口径Lレンズを絞って比較しても、それでも圧倒差で勝利してしまう。
このレンズこそ、最高の星撮り機材になりうるのではないでしょうか。

これをML29050に装着し、今冬、オリオン付近の冬のダイヤモンドを撮影してみたいです。
とにかく、憧れます。

|

« 本日の冷凍庫事情 | トップページ | 遠征したけど… »

天体機材」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

ところでこのTS-E24mmですが、前モデルとはまるで別物ですね。
古いTS-E45mmを持っていますが、イメージサークルの広いシフトレンズなのに収差が多くて閉口しています。
この新型なら星屋にとってはとても貴重な1本になりそうですね。
イメージサークルが広いから、レンズのシフトでモザイクも少しできそうですし。
これだけシャープなら建築写真以外もあれこれ使えそうです。

投稿: Aya | 2012年11月11日 (日) 16時36分

これ見てると欲しくなりますね~
いや~いかんいかん!
冬は何かと物欲が沸く時期ですが、ドンズバでこんな記事はいかんですよよっちゃんさん(笑)

あそうそう、ココログで新設しましたよ。
よっちゃんさんが以前、1600×1200でみてるからよろしくと言ってたので、CS5の解像度変更で1600×1200で保存したのですが、1M超えちゃってるんですよ…
で、仕方なく1Mをギリで下回る900KBほどにするとよっちゃんさんみたく画面いっぱいに表示されずにいます。
何かやり方違うのかな?

投稿: slo | 2012年11月11日 (日) 17時26分

Ayaさん、はじめまして。コメントを頂きありがとうございます。

>ところでこのTS-E24mmですが、前モデルとはまるで別物ですね。

そうなんですよ、この新型レンズの話題が出ると皆さん旧型のイメージをお持ちで勘違いなさる方が多いです。
けど、全く別物に生まれ変わりましたね。この解像力は驚異的ですよね。

開放F値に無理がなく絞る必要もないので、デジタルでありがちな星がカクカクという症状も見られないのではないでしょうか。

>イメージサークルが広いから、レンズのシフトでモザイクも少しできそうですし。

そうですよね、元々のそういう用途で設計されただけあって、フルサイズ周辺程度では余裕の解像を見せるのでしょうね。
このレンズでとにかく星を撮ってみたいです。

投稿: よっちゃん | 2012年11月11日 (日) 18時01分

sloさん

こんにちは、コメントありがとうございます。
ははは、そうなんです。この寒い時期、新月に晴れなければ家で悶々とするしかなく、どうしてもこういったモノに目が行ってしまいますよね。
このレンズは以前からずっと欲しかった品物なので、いつかは手に入れると思っています。

ココログのブログ、ググって発見しました(笑
開設おめでとうございます。
天体写真は1枚1枚が貴重なので、せっかくWEB公開するならビッグスケールで見てもらった方が、発信側としてもモチベーション上がりますよね。
今後もお付き合い、宜しくお願いします!
ちなみに縮小画像になってしまう件ですが、これは画像を投稿する際のオプションで確かクリック拡大で表示するしない云々の選択が出来たかと思います。
設定欄のレイアウトというか、階層構造がなれるまではよく分からないですよね。
キャッシュをいちいちクリアしないと、設定変更が反映されなかったり…とか。
けど、一度設定が決まってしまえば、そこからは楽ちんですよ。

投稿: よっちゃん | 2012年11月11日 (日) 18時05分

はじめまして、いつも美しい天体写真を楽しみにしています。

さてTS-E 24mm F3.5LIIですが、私もEFマウントのレンズの中では神レンズだと思います。夜景の撮影に良く持ち出していますが、全く毎度ながら驚くばかりです。
旧レンズは解像感を特に感じることもなく、さらに+8mm以上シフトすると周辺ががっつり光量が落ちすることからイメージサークルもそれなりに狭く、夜景で箱庭風な写真を撮る分には十分楽しいレンズだと思いましたが、最近のデジカメでは色々限界があるなあと思っていました。それで新レンズが出た際に勢いで買ったのですが、当初1Ds2で使用だったのでピントを追い込め切れてなく、それなりに良くなったなあと悠長に思っていたのですが、5D MarkIIを使ってライブビューでピント合わせをするようになってから、これはただ者ではないレンズだとしみじみ思います。実際に使いやすくもなりましたし、イメージサークルも十分だし、5D2/5D3レベルでまだ解像度に余裕がありそうです。
最近機材の重さに負けちゃって、なかなか持ち出せないのが残念なのですが・・・

評価用にF8位で撮影したTS-E 24/3.5IIと24/1.4IIとの5D MarkIIで撮影した夜景の比較写真のRawなら出せますけど。ご入り用だったらメールください。(役立つかどうかは分かりませんが・・・)

投稿: kentaro | 2012年11月12日 (月) 01時41分

kentaroさん、初めましてこんばんは。コメントを頂きありがとうございます。
TS-E24mm2をお持ちなんですね、羨ましいです!
夜景の撮影にはまさにもってこいですね。
点光源をF開放で撮影した作例に興味があるのですが、やはりF8のみでしょうか。
おそらくこのレンズは、フリンジや周囲の色ずれなどもほとんど感じられないでしょうから、夜景には最高なんでしょうね。
色々サイトを見ていると、ティルト機能を使って風景の遠近をパンフォーカスにしたり、結構使いこなしが難しそうな分奥が深そうですね。
うわさでは、この新型TS-Eの45mmや90mmも来年発売という話が出ているので、こちらもこちらで期待ですね。
実際に使われている方の生のご意見は、大変参考になります。
ちょっと物欲にかられてグラっときてしまいそうですが、本当に買うときになればまた情報をお聞きするかもしれませんので、今後ともどうぞ宜しくお願いします!

投稿: よっちゃん | 2012年11月12日 (月) 18時44分

こんばんは、返信が遅くなりました。

ティルトはあまり使いこなしているとは言い難いのですが、広角レンズだけあってシフトは非常に楽しいです。先代のTS-E24mmでシフトの楽しさを知りました。

24-70/2.8IIと比較してみたいので、ちょっと時間が取れたら撮影してみます。露出時間を考えても絞り開放の方に興味がありますよね。夜景撮影で私の手元にF8位の写真が多いのはやはり安定しているのと、絞ったときの光芒が気になるからと言うところです。45mmは現在となっては今ひとつぱっとしない状況なので、新レンズに期待しているのですが、90mmは現行のままでも十分な性能だったと思います。

今後ともよろしくお願いします。

投稿: kentaro | 2012年11月14日 (水) 23時28分

kentaroさん再びコメントを頂き感謝します。
24-70mmF2.8Ⅱをお持ちなんですね!これはまた素晴らしいレンズを…。
いやー、気になります。これとTS-E24mmの比較。もちろんTS-Eが勝利するのでしょうが、問題はどの程度24-70mmF2.8Ⅱが追従するのかという部分です。
天体写真的にはやっぱりF2.8~F4.0の比較が気になりますね。これ以上絞ることはやっぱり現実的ではないので…(^^;
適当な街灯というかベランダから見える点光源の数秒露光でもいいので、もしも今後それらの比較を拝見出来るのであれば、超ありがたいです!!

投稿: よっちゃん | 2012年11月15日 (木) 02時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/47802887

この記事へのトラックバック一覧です: 欲しいもの(その1:TS-E24mmF3.5LⅡ):

« 本日の冷凍庫事情 | トップページ | 遠征したけど… »