« ε180EDフルサイズ等倍画像公開 | トップページ | 作品公開その1(タイトル未定) »

2012年11月16日 (金)

あららぎ高原遠征

昨夜(木曜晩)は、長野が晴れるということであららぎ高原に遠征してきました。
実家愛知県に嫁と子供2人を預け、夕方4時頃に出発。
到着した頃には真っ暗でした。
肝心の天気の方は、さすがに昼間の曇天後の晴天だけあり透明度が良く、一晩快晴でした。
あららぎ高原スキー場は今までに何度も行っていますが、一晩快晴っていうパターンが多く快晴率が高いです。

今回は淡いものを2対象撮りましたが、フラットを懸念していたため薄明フラット含め何バージョンかのフレームを撮りためして帰りました。
現地の気温は終始マイナス1℃と変化がなく、ピントは一定で放置が可能でした。
ただ、シンチレーションは冬場ならではのものであり、薄明開始前西に傾くオリオン座付近は星がゆらゆらしてガイドグラフにも影響が出るぐらいでした。
冬場は出来ることなら、あまり高度の低い対象は撮らない方が無難だというのが教訓です。

現地の気温はさすがにマイナスだけあって寒く、駐車場でひとり車の中で暖をとっていました。
僕は車を撮影機材から20メートル離した場所からアイドリングで100Vを取っているので、暖をとらなければ(ガソリン代の)元が取れません(笑)
また、リモートデスクトップ操作を利用し、17インチの監視用サブノートPCを車内助手席に置き、それを見ながら導入・ピント・ガイドなどを行っています。
基本的に一度撮影対象で基準星を導入してしまえば、以後の8時間なり10時間は外に出る必要性がほとんどありません。
真冬の野外は暴力的に冷え込み、星見と言えば健全なイメージですが、実際には車内など常温に出来るだけ近い場所で休んでいた方がカゼもひかずにすみます。
もちろん、たまには車外に出て星を眺めてはいましたよ。

せっかく2対象撮影したので、今月の天文雑誌のコンテスト締め切りに間に合うように処理をしなくてはいけません。
そのうち1対象は星ナビ20日までの送付なので、あせります。
というのも、今は滋賀ではなく愛知県の実家にいてノートPCでしか画像の色コントラストが確認出来ず、非可逆的なプロセスへ踏み込めません。

手ごたえとしては、今日明日で処理するであろう星ナビ送付分の1対象よりも、次に天ガに送付するであろう1対象の方が良さそうです。
ただ、どちらも十分な露光をかけたので、淡い部分自体はちゃんと写ってはいると思います。
画像公開を楽しみにお待ちください。

あと、明日は土曜日で地域によっては快晴となるエリア(静岡や和歌山南部~関東以東)もあるようですので、皆さん頑張って撮影されてきて下さい。
成果を期待しています。

|

« ε180EDフルサイズ等倍画像公開 | トップページ | 作品公開その1(タイトル未定) »

遠征日記」カテゴリの記事

コメント

平日にいっちゃいました?うらやましいです。
フラットの試行錯誤は成果が出ると良いですね。
よっちゃんのことですから、またすごいの撮ったんでしょうね。
大いに期待しています。そろそろスキー場もダメかな?

投稿: でんでん | 2012年11月16日 (金) 22時16分

でんでんさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
淡い対象は久々なので、処理にかなり難儀しています。
明日までに何とか完成させたいのですが・・・。
今日は夜中も処理しないと…。
スキー場、降雪工事のライティングはなかったですが、12月からは多分ダメなんでしょうね。
一晩快晴で、ホント良かったです。

投稿: よっちゃん | 2012年11月17日 (土) 19時53分

いいなぁ~
平日遠征で、しかも朝まで快晴ですか!
よっちゃんさんの作る淡い対象、非常に楽しみです。

これからの冬ってよっちゃんさんは何処に遠征されてるんですか?
2時間程度で行ける所なら冬場は行こうかな~なんて考えてます。
こちらでは雪でまともな場所を確保出来ないので、雪の影響が無い所まで遠征しないといけません。
例年のパターンですが、春が過ぎるまで殆ど冬眠状態です。

私はLRGB合成でつまずいてます…(笑)
3晩ほとんど寝ずに頑張ったのですが、基本を理解してないのかめちゃくちゃな画像です。
CCDSTACKで全てやっちゃおうってのが、間違ってるのかもしれませんね。

投稿: slo | 2012年11月18日 (日) 08時54分

sloさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ようやく処理が終わりました。こういった対象は参考となる作例が少ないので迷いがありますね。
冬場は奈良県のみつえ牧場や長野であればやまなみ展望台辺りとなりますね。
岡山の方面にも冬型で晴れる場所(八塔寺や大芦高原など)がありますが、sloさんのご自宅からは遠いでしょう。
やっぱり冬場は南下するのが一番ですよね。

LRGB合成でつまづかれているのですね、確かに最初は悩ましいところでもありますね。
Lの輝度は通常の白黒写真の3分の1カウント程度(実際はちがうけど)と思って処理すると上げすぎずに済みますよ。
僕の場合は色々なソフトをまたがるので、出来れば確かに1つのソフトで全てまかなえる環境が理想ですね。

投稿: よっちゃん | 2012年11月19日 (月) 00時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1783984/47867057

この記事へのトラックバック一覧です: あららぎ高原遠征:

« ε180EDフルサイズ等倍画像公開 | トップページ | 作品公開その1(タイトル未定) »